« 尾根幹往復新記録 | トップページ | 昨日の続き »

子供が生まれました

自転車の話ではないのですが

本日、無事に女児が生まれました。4.19の17時39分、2665Gでした。

無事に生まれたのが本当にうれしいので、今日はちょっとだけ自転車と異なる話をします。

実は、うちのかみさんは「生物」の教師をしています。文字通り「いきもの」が対象であり、その感覚を知るためにも自分が子供を妊娠して、そのままできれば産みたい、と強く願っていました。これが第一。

しかし、妊娠する前に、割と大きな子宮筋腫があるということが分かっていました。なので、それでも自力で産める産院・産科を色々と探していました。お医者さんの都合で産まされたりしないか、なるたけ自分の思う自然な形に分娩ができないか、と色々と生む場所(ここはあえて産院とは言わない)をさがしていました。これが第二。

子宮筋腫があると産めないわけではないのですが、それでも引き受けてもいい、という産院は非常に遠かったり、色々な意味で現実的でなかったのです。そうして探しながら、どこなら産めるかという話をしていたのが昨年の秋でした。これが第三。

大体、産むところも決めたあたりで、自力の分娩を本当にできるか、という話になってきます。そこから先は、未知というか、そのときなりに判断という風になりました。これ第四。

予定日は4月9日でしたが、まったく産気づく気配がありませんでした。かみさんが産みたいという気持ちと裏腹に、なんとなく、まだまだ来ないな、ということが分かりました。

昔は予定日より平気で2週間とか遅れていたと思うのですが、最近はそういうことはないそうです。というのも、へその緒からの血液流量と、脳みその血液流量を比べ、あかちゃんは(当然ながら)へその緒からの方が血流が多くなければ、よくないので、そのバランスから自力出産をぎりまで頑張ってみて、という話になりました。

あとは次回に続く。

|

« 尾根幹往復新記録 | トップページ | 昨日の続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/39676779

この記事へのトラックバック一覧です: 子供が生まれました:

« 尾根幹往復新記録 | トップページ | 昨日の続き »