« 最高に気持ちいい秋の並木道。小沢健二の世界。忍野にて。 | トップページ | 家に帰るまでが遠足です! »

JCRC 西湖 F1を終えて

※この記事は2009年当時の物です。どうしても検索上位に出てしまうようなので、2011年の最新記事をこちらにリンクしておきます。

まだまだ力が足りませんねえ

土曜日は時刻表を調べ、ばっちり早めに着いて輪講バッグにしまっていたら、新宿駅で高架の架け替えがあり、快速と特快がないというイレギュラー事態。早めに出てよかった。

3時半に河口湖駅に到着、自走で西湖に行き、エントリー・チェックインを済ませ、あわてて夕暮れの中試走に出る。

7キロくらいの地点で左折しなければならないのを知らず、直進してしまう。危ない、試走してよかった。だが、その左カーブからゴールまでの最後の、重要な約3Kmがよく分からず。前夜祭の時間も迫っていたので、とりあえず確認は明日に回して前夜祭へ。俳優(塩谷氏)・アイドル(よっしー)が来ていたのはツイッターで呟いていた通り。宿に帰って食事を食べ、同室の人と日本シリーズ(この携帯電話でテレビを見られる時代に、1時間100円のテレビ!)を見る。22時ごろ就寝するが、なかなか寝付けず。

この日は移動と試走で合計29.5Km。

6時起床、6時半朝食。今時の宿に似合わず質素な食事で、ご飯を三杯お代わりする。

ところが、朝食後、レースまですることがない。同宿の人たちはチームTTなどを見学に行ったが、私は8時半まで軽く二度寝。

地元民に道路規制が解放される時間を狙って歩きでコースチェック。左カーブ後、坂~カーブが連続~最後に急な坂~500メートルの直線でゴール。おけ、把握した。その後O、G、Wクラスのレース等を観戦。

しかしこの後、レースが時間的に押してしまい、予定されていた試走時間がなくなってしまった。なんと。試走でもう一度最後の3Kmを上げめで走り、心拍を上げておきたかったのだが。まあ、仕方ない。出たとこ勝負。

10:53、レーススタート。サイコンはオートラップでばっちり。

JCRC 西湖F1クラス 29分58秒 19.93Km 16位 平均[時速39.9Km/心拍180/ケイデンス99] マックス[時速50.3Km/心拍199/ケイデンス127]

LAP1 9.85Km 14分57秒 平均[時速39.5Km/心拍177/ケイデンス102] マックス[時速46.3Km/心拍192/ケイデンス127]

LAP2 9.88Km 14分38秒 平均[時速40.5Km/心拍182/ケイデンス98] マックス[時速50.3Km/心拍199/ケイデンス123]

※ただしゴール後、チップ回収地点で計測ストップ

F1の展開

まず、特筆しておきたいのは、皆さんのマナーの良さ。Fの平坦レースって落車が多いのですが(私も心ならずも落車を引き起こしたことがあり、それを踏まえてあえて書いています)、今回は皆で声をだしあって、フェアに勝負がされました。私も「ラインキープ!」と幾度か叫びましたが、レースも後半になるにつれ、落ち着いた走りになってきたと思います。皆さんと正々堂々と、落車なく楽しめたことをまず感謝したいと思います。

さて、ローリングスタート。黄色いジャージの選手が積極的に前に出ます。その後、バイクが外れると先頭は4~5人でローテーション。しかし、私は一度先頭に立つにとどまる。スタート地点と逆側は逆風が強く、集団の恩恵は大きい。当初は4~5人だった先頭は、後ろから前に追いつき、展開に絡むべく、積極的に前に出た選手らによって14~15人の集団になる。ローテーションというよりは生き物の様にうごめき、その時々で前に出る選手が少し集団を離して独走したり、その後を追って縦に2、3人が飛び出したり、とそんな感じ。私は1周目はかなり前目で過ごす。ここで、マンホールをよけるために斜行する選手がいたので、横に出て、危ないのでそのまま踏もうと話す。その後は懸念の左カーブののち、1回目の登り。思ったよりも登りの斜度がきつくなかったので、ここで先頭に出て長く引く。しかしその後は、先頭で行き、アピールしたい選手に足を使わせた方が得策と思い、ゆっくり順位を下げる。

1周目は20番手くらいで通過。

集団は美しく、ひとつの意思を共有しながらレースを紡ぐ

この時点で積極的に先頭を引くのはUGOレーシングの方、パインヒルズの方、ガーミンジャージの方、最初に先頭に出ていた黄色いジャージの方、あとは流れですが、特にUGOとパインヒルズの方は男らしい走りでした。私は1周目を終えた時点で、皆が積極的に前に行くのを見て「いや、絶対勝負どころはここじゃないはずだ!」という確信があったのであえて下がり、集団の中や右寄り(周回遅れの選手がいるので)にラインを取り、走っていました。対岸に出るT字路から集団の動きが活性化します。何とか遅れまいと皆がペースを上げますが、その一方で、ここが素晴らしいと思ったのは、きついカーブの前で「減速!」「ブレーキ!」「ラインキープ!」の掛け声と、その通りに皆が順守し、整然とコーナーを駆け抜けたことです。私ももちろん積極的に声を出しましたが、危ない時に抜け駆けするような卑劣な選手は一人もおらず、また、ラインを守ることで後続に配慮する姿は、勝負を争う集団ながらも、目に見えない一体感がありました。レース後、UGOの男引きの選手に声を掛けたら、「いや、この集団で勝負できてよかった」という趣旨のことを話されていましたが、おそらく同様の感想を持たれたのだと思います。それくらい、きもちのいい瞬間でした。

さらにカーブを抜けると、救急車が来ています「危ない!」「みんな、ブレーキ!」声が飛び交い、集団は減速し、救急車をよけていきます。かなりなスピードが出ており、そのうえ急な出現だったので、もらい落車が本当に心配でしたが、冷静に回避されました。その3つくらい先のカーブで、今度は落車した選手が横たわっています。これも集団が減速し、事なきを得ました。しかし、あの選手の自転車が見あたらなかったな。湖を左に見ながらの右カーブで投げだされていたので、もしかして自転車は湖に落ちたのだろうか…?

とか考えていると、左カーブ、いよいよあと3Km、ここからが正念場です。

坂の罠、そして実力の差

カーブを曲がって大体20番手くらい、そのまま勢いをつけつつギアをアウターローから2枚目に落として坂をクリアします。この時点でいとも簡単に14、5番手に上がります。そのままかすかに登る平坦基調で、集団で走ります。回りを見ながら冷静に位置取りを考えます。あとでサイコンを確認すると、この時点が一番スピードが出ていたようです。

そして最後の坂を登ると、私の前の選手は5人。二度の坂を経て、選手のリストラが進んだか、と思い(←これ、後から思うと大きな勘違いでした)、なら、ここでいちかばちか勝負を仕掛けて、思い切り前に出ようと残りが500m以上ありますが、ここでもがくことを決意し、もがきます。

しかし、ダンシングではだんだん体力を消耗し、疲れてくる。やむなくシッティングでサドル先端をお尻にさしながら、さらにあごがステムに乗っかるくらいのクラウチングフォームで前に進みます。心拍はいまだ経験したことのない199拍!

しかし、ここからが本当の勝負でした。私の目の前の光景はスローモーションで流れていきます。それは、私の後ろから来た選手がどんどんと私を抜いて去っていく姿。私はそれをなすすべなく見送っていました。

ちょうど夢で喧嘩をすると、相手のパンチは速いのに、自分だけスローモーションに感じる、そんな感じに似ていました。

気づくとゴールはあと50mくらい。しかし、自分の前には多くの選手がいます。それでも現状の力を出し切ってゴールイン。チップ回収所で脚が攣りそうなのと気持ち悪いのとで、しばらく動けませんでした。

と、これがレースのあらましです。これを踏まえての反省等々は時間がないので後日に回します。

最後に、その後、西湖から自宅まで自走しました。レース後の追い込み走も含めて今日の高高度練習だと思っていたので。

そのこともまた日を改めて整理します。

ではでは! F1に出た皆様、ありがとうございました!

|

« 最高に気持ちいい秋の並木道。小沢健二の世界。忍野にて。 | トップページ | 家に帰るまでが遠足です! »

レース」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

気持ちいい、ラスト500からの男もがきだったようですね!力を出し切った感じですね。おつかれさまでした!
飲みましょう!

投稿: ノブオ | 2009年11月 8日 (日) 20時02分

お疲れ様でした。
展開次第では入賞もいけた感じですね。
仕掛けどころって難しいですよね。
仕掛けなきゃ勝てないし…
来年のJCRCはまた勝負できそうですね。
お互い一緒に昇格できるよう、冬の間も頑張りましょう!

投稿: イモグラブ | 2009年11月 9日 (月) 09時43分

>イモグラブさま
いや、入賞は厳しいですよホント…。
というか、まだ力が足りないな、と感じましたね。
練習あるのみです。
今度私が荒川に出張りますので、イモグラブさん、一緒に練習しませんか?
ブログに出てくる白石峠等を走って見たいですし、私もMTBに乗るので、よかったらトレイルにも行きましょう!
ではでは~。

投稿: kor1972 | 2009年11月 9日 (月) 14時49分

是非一緒に練習しましょう!
白石峠もご案内させていただきます。
スケジュール調整したいので、良かったらメールいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: イモグラブ | 2009年11月 9日 (月) 23時40分

はじめまして
「西湖F1クラス」でヒットしましてお邪魔してます。
私もF1に出ていました。
今年20年ぶりにトラを復活し、マスドレースも初めてだったのですが
気持の良い集団でしたので楽しく走れました。
また寄らせていただきます。

投稿: アロアロハ | 2009年11月19日 (木) 17時59分

>アロハロハさま
来訪&コメント、ありがとうございます。
落車は本人も怪我しますし、周囲も巻き込む危険がありますからね。
多少タイムが遅くなったって、落車なくスムーズに駆け抜けるほうがよいですよね(とはいえ、F2よりは速いタイムでしたが)。あの集団はそういう意味で気持ちよく走れたので、とても楽しくレースを終えることができました。
いつもあのように気持ちよく走れるよう、西湖とか川越は声を出して走りたいと思いました。
次回もFクラスなので、見かけたらぜひ声を掛けてください(ゼッケン326、16位でした)。
トラ=トラックでしょうか?そちらもがんばってください。

投稿: kor1972 | 2009年11月19日 (木) 18時14分

言葉足らずでした、トライアスロンです。
とりあえず先月の川崎の大会で完走できたので来シーズンは
タイムを縮めていこうと思います。

西湖はビビりながら最後尾からスタートしてしまして、後ろの方で
楽させてもらっていたのですが、最後の坂でスルスルと
前に出てしまい周りにつられてもがいたら4番でした。
初心者のバカヅキというやつで仲間よりも自分が一番驚いています。

私は駒沢公園の近くなのですがご近所さんでしょうか?
マラソンも頑張ってください。

投稿: アロアロハ | 2009年11月20日 (金) 09時25分

>アロハロハさま
>前に出てしまい周りにつられてもがいたら4番でした。

え、凄いですね! やっぱり最後にもがき、かつ伸びないとダメですね。私の最後の直線は黄金のタレでした(笑)。

そうすると次はEクラスですね。トライアスロンとあわせてがんばってください!

投稿: kor1972 | 2009年11月20日 (金) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/32128696

この記事へのトラックバック一覧です: JCRC 西湖 F1を終えて:

« 最高に気持ちいい秋の並木道。小沢健二の世界。忍野にて。 | トップページ | 家に帰るまでが遠足です! »