« 浅間尾根MTB | トップページ | きんにくん痛い »

自主的に頑張る、それが重要

やりたい奴がやりたいようにやるのがいい(いかにして私が体育会系ノリを嫌うようになったか)

1年生は赤ジャージ上下。2年になると上に着る服は自由になる。で、Tシャツは着てもいいけど、裾はズボンに入れなきゃならない。レギュラーになると私服がOKになる。レギュラーじゃないともう1学年上にあがってやっとズボンからTシャツの裾が出せる。

今日、久々にこの手の話を聞いた。Kくんから聞いた大学の学連の自転車部の話。

強くなるのにまったく無関係な無意味な上下関係。某首都大はそういうくだらない上下関係がなくて、そういう意味で好きだった(現役の頃は熱気球のサークルなので、ちゃんと体育会系の作法を知っているわけではないが、それでも、理不尽なバカな風習なんてなかったことは周りからの話で知っている)。

たとえば。

某私立大学。鬼コーチがいる(らしい。K君から聞いた。コーチ料金とかどこから出ているのかは私は知らない)。

レースの一番大事なところで怒って叱咤激励を入れるらしい。そのことの是非は問わないが、一番大事なところで叱咤しなきゃならないんなら、あなたの育てた選手はそこが大事だ、って自分で判断できない上に、そこまで足を残せていない弱い選手なんでしょ? 俺はそう思う。

鬼コーチがいないと強くなれないなんて、そもそもおかしいと思うんだけどな(コーチがいると強くなる、ということには賛成、鬼的存在のコーチが嫌いなのだ)。強くなりたい、という気持ちを持ちつつ、自分の日常に当てはめ、自分なりに咀嚼してメニューをこなす、という方が外の世界とも関係が持て、なおかつ効率よく強くなれると思うのだが。

ただ。

かみさんとこのテーマで話し合ったところ、「怖い怒る人(先生)がいる方が、宿題とかの提出率がよい」なのだそうだ。

まあ、結論から言うと「自主的に頑張れるやつが強い」ということだと思う。

コーチングは自主性を引き出してなんぼだと思うのだが、そうではなく怒ることでコミュニケーションを図るという手法。その手法はまったく認めがたいが、その一方で、かみさんがいうような怖く怒る先生がいると宿題が提出力がいいというのは、つまるところ(自転車という限りなく自分で勝手にやっている)競技をしながらも、義務教育的なノリがある、ということなんだと思う。

言葉を変えれば「車連ベースでもみなが本気で自転車に取り組めていないから、そういうコーチの活躍する余地がある」ということなのじゃないかな。だから、鬼コーチの跋扈する余地があるし、みんなもそのやり方を認めているわけで。あと、高校からの推薦で「自転車やっています。これで大学生活まっとうするつもりです」とか言って鬼コーチあたりに怒られてタイムが上がっちゃったりなんかするんなら、それはそれでいいでしょう。そんな人はそのまま卒業とともに消えるでしょう。

大事なのは自主的に考え、どうするのかだと思っています。結果的に強いともう申し分ない(今の首都大学の自転車部の成績は昔に比べてかなり上位に食い込めているようです。というか、できている)が、やりたい奴がやりたいようにやるのが一番いいのです。興味のない人は結局やらないんだし。やらされている奴なんてましてそれ以上に思い切って取り組まないわけで。

要するに、どんな鬼コーチがいようとも、自分がやろうと思うか、思わないか、そのことだけなんだと思っています。

|

« 浅間尾根MTB | トップページ | きんにくん痛い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分もバリバリ体育会系でしたが、大学になって怒鳴られるということはほとんど覚えがないですね。逆に大人の内乱や思惑で就任した新しいコーチの指導を拒否して、自分たちでメニューを立ててたくらいです(笑)。
「だって●●先生はコーチの経験がないじゃないですか」。
「いやだからそこを信じてくれといっているんだ」
「実績のない指導者の言うことを聞くことはできません」。
今から考えればひどいやりとりでした。。。
ただ、そこまで強くなりたかったんですね。

ああしろこうしろと言われなければできないのは高校生くらいまでで、大学に入って競技をやる学生はかなりモチベーションが高いと思いますから自分でメニューを立てて伸びていくことは十分できると思います。でも大学に入ってすぐに頭ごなしに、そうやって一方的に怒鳴られ続けるうちに自分で考えることができなくなっちゃうような気もしますね。もったいない。

投稿: ノブオ | 2009年7月13日 (月) 12時19分

>ノブオさん
よかった。上記の例はあくまで一例であって、実際はノブオさんたちのようなケースも多いのでしょうね。ちょっと安心。確かに新任コーチからすれば生意気かもしれませんが、ノブオさんたちのような主体性が重要だと思ったんですよね。言われるままやって強くなったような奴は結局その後伸びない、とも思たというのも、このエントリーを書いた理由の一つです。
とにかく私、封建的でアナクロな体育会系上下のノリや意味もなく怒るコーチとかが大嫌いなんです。

投稿: kor1972 | 2009年7月13日 (月) 14時08分

わたしの見方も実は一面のみで、アナクロケースも、まだまだ実際には多いのかもしれませんね。
高校時代まさにそんな恐ろしい監督のいる(体罰あたりまえ)チームがあったのですが、粒ぞろいの選手がいて滅法強いチームでしたが、次のステージに進んだら、まさにkorさんのおっしゃる通り枯草のように燃え尽きる選手ばかりでした。
自分の身と合わさって、とても興味深いテーマでした。

投稿: ノブオ | 2009年7月13日 (月) 16時35分

>ノブオさま
マラソンの小出監督っていますでしょ。私、あの人もあまり好きじゃないんですよね。
有森のよさを引っ張り出すのでなく、自分のめざす方向にたわめようとして二人は離れ、その後の有森は銀メダル。
そのあたりに日本のコーチに典型的なダメさがあるように思います。
http://tamesue.cocolog-nifty.com/samurai/2009/06/post-822f.html
http://tamesue.cocolog-nifty.com/samurai/2009/06/post-8e88.html
上記は実に興味深い指摘です。為末選手のものの考え方は非常に共感できるのですが、この記事はとりわけ面白く読みました。日本的コーチを全面的には否定せず、手弁当で大変なことをやっている彼らに対し、その熱意は単純に評価しています。
結局、話は自主性に落ち着くんですよね。私が最重要視しているのもそこです。

投稿: kor1972 | 2009年7月13日 (月) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/30519354

この記事へのトラックバック一覧です: 自主的に頑張る、それが重要:

« 浅間尾根MTB | トップページ | きんにくん痛い »