« 目標、ぎりぎりクリア | トップページ | MTB用ERGONグリップ »

ジロ最終ステージ、しびれた!

最後の最後まで分からない、手に汗握る緊迫感

TTの不得手なディルーカが最終ステージを前に、大きくメンショフを離せなかった時点で今年はメンショフか、と思っていたが、最後にメンショフが落車するなんて。その瞬間、表彰台の裏に引っ込んだディルーカを皆が画面の前に呼びに行ったそうだ。

でも終わってみれば落車してなおかつディルーカよりかなり速いタイムでゴールしたメンショフの総合優勝。ディルーカの方が好きですが、マリアローザを手に入れてからは要所要所でちぎれることなくディルーカにプレッシャーを与え続け、その走りは100周年のマリアローザにふさわしかったといえるでしょう。そして負けたとはいえ、ディルーカも立派! 最後まで手に汗握る激戦でした。

皇居周回8周走

昨夜はジロ観戦だったので今日は夜練。先週はずっと天候が悪く、膝のこともあってあまり追い込んだ練習をしていないのだから、と思い、皇居周回走をメディオ~ソリオでのペース走を心掛ける。

皇居8周走+α:54.43Km 1時間37分 LAP #1 8分45秒 #2 9分34秒 #3 9分41秒 #4 9分45秒 #5 9分50秒 #6 9分36秒 #7 9分43秒 #8 9分56秒 平均[時速30.3Km/心拍162/ケイデンス77] メディオ領域27分 ソリオ領域34分

1周目はフレッシュなこともあり、TTで追い込みながら走る。その1周目の登り坂で心拍を上げ、後はなるべくそれを維持していく、というイメージ。6周で終わろうかと思っていたが、この負荷でもう少し続けたいと思い、オプションで2周追加。密度は濃く練習できたが、それもここのところはさほど追い込んで練習していなかったからできたこと。平均心拍162というのは確かに密度の高さを物語っているとは思うが、客観的な出力数値(W)でどうなのかは怪しいところ。まあ、自分比で追い込めた実感があればよしというところだろう。タイム的には平凡だが、これはもう信号によるところが大きい。むしろ信号で止まってもすぐ高回転で心拍を上げて、高心拍に持って行けたことが大きい。

1日の距離6.5+54.43=60.93Km

6月の距離 60.93Km

帰宅後、MTBのプチ手入れ。詳細は次のエントリーで。

|

« 目標、ぎりぎりクリア | トップページ | MTB用ERGONグリップ »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/29893105

この記事へのトラックバック一覧です: ジロ最終ステージ、しびれた!:

« 目標、ぎりぎりクリア | トップページ | MTB用ERGONグリップ »