« リカバリー~腹減った… | トップページ | 久々更新 »

生まれはどこですか

そのココロは「強度(郷土)が不明」

奇跡だ。昨日のポカを謝りにクライアントに出かけたら、全く怒ってなかった。とにかく必死で謝る。何とかなった。まあ、それで失敗が消えるわけではないが、精神的に楽になったのは事実。俺、持ってるわー(←イチロー風に一度使ってみたかった)。

気をよくして練習に。最近、夜に尾根幹線に行かないのはなぜだろう? 自分にも分からない。なぜか夜だと皇居周回がしっくりくる。多分自分の中では夜の練習がイレギュラーなことで、イレギュラーな練習は皇居でやる、と思っているのだろう。夜練中心にすれば自転車レースは観戦できるが、いくらなんでもツールの頃には朝練に戻したいと思っている。

で、タイトルは心拍バンドを持っていくのを忘れた、ということ。今日は自分の練習で一番客観性の高い心拍が分からない以上、もうタイムを指標にした。

皇居8周走+α:54.43Km(暫定) LAP #1 9分 #2 9分46秒 #3 9分6秒 #4 9分12秒 #5 - #6 9分57秒 #7 9分9秒 #8 11分 

疲れは感じている。ただ、そのことを「だし」にしないように頑張れるところまで頑張ってみよう、と考えていた。もとより今日はそれほど速く走れるとは思っていない。ただ、できるだけ頑張ることだけ考えて。

1周目。9分。まあ、体の状況から考えてそれ程悪くない。奇跡的に信号もほぼクリアだったし。ところが2周目は信号に引っ掛かりまくりだった。そこで結果的に、1・3・5周をがんばって2・4・6周を抜いて、という走り方にしようと考えた。しかし4周目がまたもや信号にオールクリア気味で走れてしまったのでちょっと頑張ってしまった。そこで、5周目はオールアウトになってもよい、という気持ちで必死に踏んでいて、半蔵門の交差点(ラップタイムのスタート地点)に戻った時に「さあ、タイムは!?!?」とラップボタンを押したら。

5周目二重橋先の直線で信号に引っ掛かった時にストップボタンを押し、リスタートした時にスタートボタンを押し忘れたらしく、2分ちょいとかいうラップタイムが表示され、とてもがっくりした。

失意のうちに6周目周回。今日は6周で終わりと思っていたので、ここがクールダウン。疲れもあるし帰ろうかと思っていたが、一生懸命頑張った5周目の結果が分からないのにここで帰っては後悔が残る、と考えた。幸い今日は時間にも余裕があったし、もう2周を追加。オールアウトで臨んだ後ではあったが、7周目のラップで勝負する決意で臨む。でも平凡。9分9秒。下りで踏めなかったし、高速入り口でうまく右に行けなくて一度完全ストップした。にしてはいいタイムか? いや、こんなタイムでいいタイムなんて言っていたらだめです。

後は本当に流し。8周終えて、後2周をクールダウンで加えれば距離は増えるな、とは確かに思った。思ったけど(確かに距離好きだとは思うが)、そんな走りには意味がないよな、と自分を納得させて終了。

でも、それでよかった。というのは帰りの甲州街道に入ると腰に疲れを感じたから。無理せず流して、だったけど、一度だけ甲州街道でスーツを着ているFOCUS乗りがいて、その人には負けたくなくてがんばった。最終的に家に着くころには時速も30Kmくらいになっていた。途中のノーカウントがあるから、今日の距離は以前の皇居8周の数字で。

自転車よしなし①

キャメルバッグの保温タイプのボトルを購入。かなりよさげ。ただ、癖で吸い口を歯で伸ばそうとしたり、飲み終えた後お尻で元に戻そうとしたりする。不必要なのに。まあ、これは慣れの問題か。今までPOLARの保温ボトルを使っていたが、あれはだめだ。長く使うとダメになる。ただ、キャメルバッグも同じ問題が出るかもしれない。なので、ちゃんと使ってからインプレッションを書きます(覚えていたら)。

自転車よしなし②

どうやらチェーンリングが曲がっていたようだ。先日のローラー練で気づいた。落車もしてないのにチェーンリングが曲がるなんてパワーがついたのか! いや違う。

行きつけショップスタッフに申告したら、最大限のことをしてくれたが、でも全く直るわけじゃない。チェーンリングを買い直す、というのが現実的には一番いいのかもしれない。でも、新車で行こうと考えている自分に、この自転車でこれ以上投資する気持ちにはなれない。なので我慢なのかな。今の自転車はそろそろ終わりだろう。もう少し状態のよいときに首都大の後輩に譲ってあげられればと思っていたけど。あ、ただでも欲しいという学生がいれば別です。スペシャの06ルーベコンプXSサイズ、オールカーボン、クランクはFSAのメガエクソ、ただしドリンクホルダーのねじが2つ壊れています。ほしいひとにはただで譲ります。乗れることは保証付きなので(現に毎日練習している)。サドル・ペダルだけ抜きかな。

で、自転車自体の検証結果は。

スタッフ(たち)いわく、「BBはずして色々多角的にも見ておきました。チェーンリングを力ずくで曲げるのは後で弊害が出るので、やっていません。BBは掃除しておきました。結構汚かったです」とのこと。そうなんだ、ルーベコンプはBB付近に水抜きの穴があるのに、汚くなるんだ。逆に、だから汚くなる、っつうこともあるよな…。

4日の距離6.5+54.43=60.93Km

6月の距離 247.53Km

|

« リカバリー~腹減った… | トップページ | 久々更新 »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

ひとつ質問なんですが
平均ケイデンスが遅いのは膝をかばってのことですか?
ケイデンスが低い割に速度が速いのは重いギアを踏んでる
ということでしょうか?
膝の事を考えてなら、トルク重視のペダリングより軽いギアで高回転の心拍系の方が負担は少ないと思うのですが・・・

あくまでも推測なのでお気になさらないでください。

投稿: むらまさ | 2009年6月 7日 (日) 23時47分

>むらまささま
今は膝は痛くないので、特にかばってはいません。なんと言うか、いつもの練習では50*21くらいを80~90回転で回し、スピードの維持を意識して練習しています。
私は高いケイデンスを維持して走るのがどうも本当苦手です。スピードの割には心拍も上がりますし。苦手を克服していくより、もっと重いギアをより高いケイデンスで回せる=パワーがつく、という方が結果的に長所を伸ばしてよい結果に結び付くかな? と思い、試行錯誤しています。
でも、もう少ししたらやはり高ケイデンス練習を取り入れるかもしれません。まさに試行錯誤しているところです。

投稿: kor1972 | 2009年6月 8日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/29953387

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれはどこですか:

« リカバリー~腹減った… | トップページ | 久々更新 »