« 固定ローラー1h | トップページ | 気まぐれな空 »

客観指標の重要性

頑張ったのにな、という言い訳

昨晩はかなり遅くまで降っていたようなので、今日の朝練習は固定ローラー台。最初は体が起きてないので長めのアップの後、5分メディオ・5分レストを7回繰り返す。

固定ローラー練習:1時間半 20分アップ~5分メディオ・5分レスト*7 (実際の心拍域:メディオ21分・ソリオ2分) 約45Km

特に最初の方は頑張ってもメディオ域まで心拍が上がらず、つらかった。客観指数は大事だ(それが他人と比較できない心拍であっても)。毎回きちんと追い込んで走ったつもりだったが、主観上では35分のメディオ走でも、実際は21分なわけで。まあ、言い訳するなら、最初は2時間時速25Kmのペースで走ろうかと思っていたので、最初の入りが悪かったことか。一応、メディオ走では辛さを我慢しながら顎をがくがく言わせながら走ってはいたのだが、やはり客観指数をきちんと見ながら追い込まないとだめだ。後半は気持ちも上向きになり、かなり追い込めた。

16日の距離 45Km

6月の距離 569.87Km

今日は電車通勤、明日は出張。出先で何かあれば更新します。

|

« 固定ローラー1h | トップページ | 気まぐれな空 »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/30130579

この記事へのトラックバック一覧です: 客観指標の重要性:

« 固定ローラー1h | トップページ | 気まぐれな空 »