« 6/9尾根幹往復走#17 | トップページ | 今日は加圧のみ »

流し目で

尾根幹往復走#18

4時10分前起床。昨晩はあまり寝付きがよくなかったのでちょっと頭が重かったが、まあ何とか、まあなんとか着替えて出発。昨日同様無風だったが、昨日より温度が高いので、湿気が肌にまとわり付く感じがした。梅雨入りは近いな、と肌で感じた。

昨日のライドは記録更新のおまけがついたメディオ~ソリオ走だったので、今日は昨日ほど飛ばさず(飛ばせず)。ただ、4日休んで体力的なマージンはまだありそうだから、普段の尾根幹で意識している走り方で(登りをがんばり、平坦では巡航速度を意識する。下りはあまりがんばらない)。まあうまくいったかな。

尾根幹線往復走#18: 57.89Km 1時間58分 平均[時速29.3Km/心拍141/ケイデンス71]

ゾーン1:46分 ゾーン2:49分 ゾーン3(メディオ):14分 ゾーン4(ソリオ):4分 ファミマ坂 TT1分57秒 折り返しタイム1時間1分44秒

自分的に折り返しタイムで57分がベスト、1時間ならA標準、1時間3分でB標準というのが大体の目安。風のこともあるからあくまで参考だけど。で、無風状態で1時間1分ならまあまあか。ファミマの坂だけTTしたら、自己ベストを3秒短縮。ただ、この3秒のおかげでその後の走りに微妙に影響が出た。

一休みして通勤。さらに夜に皇居に行って2周だけLSDというか流し目の走りで。

10日の距離57.89+6.5+22.83=87.22Km

6月の距離 405.21Km

少しだけポジション変更

今年の初め、サドルを5mmほど下げ、ハンドルを5mmほど上に上げた。また、ステムは変更しなかったが、サドルの位置を1cmほど後ろに下げた。

その以前は超前ノリだった。というのも、落差大きめのポジションを取り、そこからためしにサドルを1.5cmくらい前に出したら、巡航スピードが1-2Kmくらい上がったからだった。ただ、ハンドルに荷重がかかりすぎて、結果的にロスしているパワーも結構あるのでは、と考えた。また、落差を大きくするより、頭を中心とした重心の位置をうまくホイールベース間にバランスよく収め、楽な姿勢で巡航できた方がいいな、と思った(いわゆる「やまめポジション」の実践)。そこで今年の初めに前後幅を広げつつ落差の少ないポジションにしてみよう、と思い実行していた。

このポジションも悪くなかったのだが、最近はだいぶ走れてきて、筋肉も付いた実感があった。なのでお尻の位置をもう少し上げて、前に出してもよさそうだと思い、サドルを2mm上げた。さらに4mm前に出した。

今日の朝の練習では、サドルを上げた影響は殆ど感じなかったものの、前に出した効果は大きく、下ハンドルを持ちながらお尻がしっくり来るポジションの維持が楽になった。腹筋の負担が減ったわけだ。

ところがショーウィンドウに写った姿を見て驚いた。自分では下ハンを持って背中を地面と平行にしていたつもりだったが、かなり前傾が緩くなっていた。これでは空気抵抗が大きすぎる。家に帰って速攻でサドルを後ろに4mm引いた。通勤ではいい感じだった。さらに皇居2周回でもいいかんじだった。

新しい自転車ではもう少し落差の大きいポジションにしたいし、できそうだ。

明日は加圧トレーニングの日。加圧後にリカバリー的に乗りたいが、天気が微妙だなあ。

|

« 6/9尾根幹往復走#17 | トップページ | 今日は加圧のみ »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/30035536

この記事へのトラックバック一覧です: 流し目で:

« 6/9尾根幹往復走#17 | トップページ | 今日は加圧のみ »