« TOJ市民初心者・振り返って1 | トップページ | TOJ初心者レースゴール前 »

TOJ初心者レース<続き>

前列から2列目くらいで待機し、スタート時点では最前列。そこまで周りにいた選手のふくらはぎや日焼け具合を見る。自分より強いとは思わないけど、自分より弱いって感じでもなさそうだ。

スタート。雨のレースだからみな慎重に走っている。川越の平坦レースでそれができないのに、なぜ大井で皆落ち着いて走れるのか。謎だが、私の範疇外なのでとにかく落ち着いて走る。

<1周目>

見せ場だと思っていた。今日は朝の苦手なかみさんが見に来てくれている。もう、そのことだけで飛び出すには十分な条件が揃っていた。いわゆる中央競馬のダービーで先行する「テレビ馬」。幸い、1周目で引っ張ろうとする輩は一人としていない。「じゃ、実況で名前呼んでもらいにいくぜ~」と思いながら、後ろから来た人に先頭を譲りたくなくなり、少し加速。そしてゴールライン近くになってかみさんをみようと思ったら、どこにいるのか分からなかった(!) しょうがないので(ロジックの立て方が微妙に間違っているけど)、きっとかみさんがいるだろうという方向に向かって、ロックレーシングジャージと自分の顔を親指で差して、アピールして走り抜けた。無論かみさんはゴール付近にいて、実況で名前を呼んでもらい、なおかつ、周囲の人が「あの人余裕っぽいね」と言っているのを聞いて、かみさんは恥ずかしくなったそうだ(笑)。

その後の直線になっても後ろの人は来てくれない。

「なんだ、レースではあるけど、遊んでなんぼじゃん!」っていいたかったけどもちろん言わない。先頭に立つために頑張った分は、3周目の最後の立ち上がりまで回復に努めることにした。

もちろん、そんな自分の思い込みだけでレースは進むはずもなかった。

次で終わります。

|

« TOJ市民初心者・振り返って1 | トップページ | TOJ初心者レースゴール前 »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/29770273

この記事へのトラックバック一覧です: TOJ初心者レース<続き>:

« TOJ市民初心者・振り返って1 | トップページ | TOJ初心者レースゴール前 »