« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

目標、ぎりぎりクリア

月間1500Km初めて達成

でも達成感が薄い。

TOJのレース前に乗り込み量を減らしたのと、その後うまく朝練できなかったことなどで後半は足踏みしてしまった。さらに膝痛で乗らない日など、目標を達成できた安堵より、少しもったいなかったという思いの方が強い。正直、後半で距離が伸びないときはいささか焦りもした。距離ではなく強度だ、と思う一方で、乗り込み量は自分の自信につながるという思い。だがこうして初めて月間1500Kmを達成できたところで、不思議とやった、という達成感がない。今までは、「これならできる」と半ば以上の確信があったので、最後の追い込みを怠ってあと20Kmくらい足りない、ということを繰り返してきたからな。よくみる上級者のブログでは皆、月間2000Kmくらいをベースに練習しているので、競技やりたいんなら1500Kmくらい乗って当たり前だよな、という考えも正直ある(レベルは違うくせに。不遜?)。

月間2000Kmを実現できたら、達成感はあるかもしれない。

5/31 固定ローラー:2時間 50Km

膝に痛みはないが、再発しないよう軽めに。最後にところどころケイデンスアップしていきながら膝の様子を見る。

2時間もローラーをするとかなりタイヤが削れる。もったいないことだ。負荷が低い分、集中力が切れる、ということはなかったが、雨の日の2時間固定ローラーというのはやはり精神的にいささかつらい。1500Kmの目標がなかったらやったかどうか。

31日の距離50Km

5月の距離1501.70Km

6月は5月の強度と同じくらいで、1300Kmくらい走れればいいかな、7月は1600、1700Kmを目標にしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休むとそれだけ体がダメになってしまうという考え方が今の俺

練習量と膝のこと

本日は加圧トレーニング。トレーナーに膝の調子がおかしいから今日は下半身なしで。といったら30分のコースで終わってしまった。上半身はいつも意識的に鍛えられないので、そこを中心に1時間やるかと思ったら、そういうことではなかった。そのかわりに今までで一番きつい圧を掛けながらショートインターバルで上腕を鍛える。コース終了後も腕がパンパン。コンビニで飲料を買おうと思ってお札を持っている手が震え、お札を落としてしまった。後は後背筋もってところ。

膝は悪くない。しかし、無理すると絶対悪化する。そのことだけは不思議な自信がある。焦って練習を積み重ねることの方が結局回復に時間がかかりすぎて、といような事態は今までの経験から十分に推察できる。

*********************

首都大学東京の後輩で自転車部のM上くんという学生がいます。

彼に限ったことじゃないが、首都大学東京の学生は本当にみんな感じのいい若者ばかりなんです。そしてM上くんももちろんその一人なのですが、うちの大学にいくやつはみんな感じのいいやつばかりだから、感じのいいことは特段際立たないかも。

で。

M上君は、しばらく膝を痛めてかなり長いこと思うように練習ができていなかった、ということを練習ノートウェブに書いていた。

しかもM君は専攻の関係でがんばるなら今年しかない、ということも考えて競技にでようとしているようだ。そういうM君の焦燥感ってどんなものなんだろう。

M君の気持ちを考えると、私の膝がちょっと痛いくらいなんてなんでもない気がする。

ともあれ、今週末の大学ロード選手権、みながベストを尽くしてがんばってほしい(何人出るんだろう? 中途半端にしか知らなくて済まない)。

*********************

そんなこんなでツールド熊野の真吾とくにひろも気になるけど、首都大の選手が頑張る木曽の選手権も心の内で応援しています。

がんばれ!

*********************

人の話はどうでもよい。自分はどうなんだって話。

絶対、年齢を「だし」にしたくない。年齢が上でも頑張っている人も沢山いるし、遅い人だってもちろんいるし、絶対重要なのは努力の質なのだろうと。

say-zzさんの練習

が目的としている部分が、最近少し分かってきました(レベルは本当にまったく違いますが)。効率的に負荷をかけること、小刻みに登りを入れながら追い込むこと、そして下りの時間は少なめで、すぐ登っていく。そのバランスで、追い込み、コンディションも上げていくのだと思います。まあ、正直に言ってsay-zzさんのレースに賭ける(普段からの)心持の部分でまず圧倒されています、けど。

*********************

ノブオさんは一足飛びに強くなれないけど、そこがいい、と言ってました。そう、その通りなんですが、私は今、正直に言うと結果がほしいです。≒強くなったという実感がほしいです。

いや、まじで。

↑長々書きました。乗れなかった日にはあれこれ考えてしまいます。乗れるんなら乗っておきたいのですが。

↑客観指数がそろそろ真剣に欲しいです。というかW計(パワータップ)ですけど。

早く初級者クラスから脱出したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国立往復朝練

膝の様子を見ながら練習

4:10起床。今日は朝から雨が降るので、なるべく早くから練習したかったが、宅のアナログ時計の気まぐれでいつもより15分ほど遅くベルが鳴る。

起きてみると右膝がまだ痛い。いつもの尾根幹線は登りでがんばると膝が悪化する可能性があるので、平坦を走ることにし、多摩サイへ。

多摩サイ国立往復走:48.72Km1時間36分平均[時速30.3Km/心拍144/ケイデンス75]メディオ領域11分22秒 ソリオ領域4分34秒

ここのところ多摩サイを走ってみて分かったのは早い時間なら人がいない、ということだった。人のいないところで心拍が上がるよう、ケイデンスを上げて走る。ひざに負担をかけないため、大腿四頭筋を意識して、さらに表の筋肉が疲れたら、臀筋とハムストリングスを感じるようにして漕ぐ。国立往復地点までのタイムは48分2秒だった。順調に速くなっている。しかも今日は行きが向かい風だったので地味にうれしい。

思ったよりも早く着いたので、連光寺でも回っていこうかな、と思ったが、膝が痛いのだから自粛。それでよかった。Zターンの登りで膝を使って踏んでみたら痛かった。まあ、2・3日休めば痛みは治まるだろうレベルなので、雨ということもあるから無理しないで少し休もう。

帰りは予想通りぽつぽつと雨が降り始める。大急ぎで、しかし雨なのでパンクやスリップに気をつけて慎重に走る。最後はだいぶ平均速度が落ちてしまった。本降りになるまでに何とか帰宅できた。

今日は接待なのでこれにて自転車は終了。

28日の距離48.72Km

5月の距離1451.70Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝練×→夜固定ローラー

朝練リズムに戻すのが大変

4時に起床。でも眠気が半端無い。脈を図ると心拍も速め。うーん、どうも疲れているようだなあ…。

でもこのリズムに慣れなければ…と思い、床に寝転がって目が覚めるまで耐えようとしていたら、いつのまにか床で二度寝していた。ほほに付いたカーペットの寝あざが痛い。そのまま2時間ほど寝てしまったようだ。

まあ、朝練だけ視野に入れたら、なるべくお酒を飲まずに早寝するのが一番なのだろう。でもジロだって見たいし、お酒を飲みたい日もあるし、明日はお客様とお酒を飲むことになっているし…。まあ、できる範囲で整合性を取って、破綻のないようやっていこう。

今日は昼寝もたっぷりした。それでもまだ疲れがあるようで、なんだか頭と体がどよんとしている。練習の疲れとは明らかに異なる。帰宅後、ローラー練習。

固定ローラー1時間:ときどき120回転を入れながら回す。約25Km。

まあ、これで回復できたかな? なぜか右ひざが軽く痛いけど。明日の朝練なら雨はぎりぎり降らないだろう。明日の朝、全力練習でその後電車通勤か。

27日の距離13+25=38Km

5月の距離1402.98Km

木~土の天気がいよいよ怪しい。ただ、明日は客飲み、あさっては加圧トレーニングなので、考えようによってはかえってラッキーだったかも。ぱっと降ってすぐ上がってしまえばいいなあ。

6月のレース予定

熟考の末、6月のレース参戦は基本なし。第一週に夫婦で帰省する上、2.3週の土曜には野球の試合、そして第4週に会社のイベントがありそう。まあ、日曜日中心にロング&大井埠頭の練習を入れ、後は平日にそこそこ距離を乗ろう。

8月の乗鞍を視野に、7月をOOH月間(大幅にお酒を控える月間 笑)として今月並みの練習量を乗ろう。なので6月は少し緩める予定。また、7月はJCRC群馬にも出たい。

写真は昨日購入したエチュオンドの夏用ウェア。フィット感がやさしくて○。

ああ眠い。もう寝よう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居周回リカバリー

メディオ以下に保つイメージで走る

前日も自己都合による飲み。なので夜練。レースの疲れはほとんどないのだが、なんだか体の芯に疲れがある。これは飲み疲れか? 皇居に行って6周走る。メディオ以下のペースを心掛ける。

皇居6周走+α:43.45Km 1時間27分 LAP #1 9分41秒 #2 9分53秒 #3 9分34秒 #4 9分36秒 #5 10分23秒 #6 10分0秒 平均[時速29.7Km/心拍142/ケイデンス83] メディオ領域8分49秒 ソリオ領域1分21秒

登り坂でどうしても心拍が上がるが、それもまあ織り込み済み。明日の朝練から又強度を上げていければいい、と考えている。ただ、いま22時44分。起きられるかなあ。

26日の距離6.5+43.45=49.95Km

5月の距離1374.98Km

先日のレースの最後の直線で記録した最高速度は51.8Km。う、もっと速く走れないとな。やっぱノーマルクランクが欲しい。そして最高心拍は199だった。またもや記録更新。これに基づいてまたもやゾーン分けをやり直さなければいけないのか。めんどくさいな。

そして週末の天気があまり良くないようだ。早めに1500Kmをクリアしておきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーライド

アクセスレコードだった

昨日は350アクセスというブログ始まって以来のレコードを達成。こんな弱い選手のレースレポに来てくださった皆様、ありがとうございます。暇つぶしにはなりましたか? 時間の無駄ではなかったでしょうか? レース後帰宅し、ランチでアルコールを摂取してから書いたので、所々変なところもありますが、面倒なのでそのままにします。

リザルトが出ていた。1位から3秒差の15位でした。昨年より順位は落ちている。そして時速は昨年と同じだった。

まあ、あまりよい結果ではなかったけど気にしていない。どういう位置取りをすればより勝ちが近づくのか、そういうことが分かったのだからよいと思うし、最後、30人くらいいた集団を左からごぼう抜きしたのはある種のエクスタシーがあった。去年に切れそうになった地点でもまだ心肺・筋肉に余裕を感じた。それに直線に一度ブレーキを引かざるを得ないロスがあってなおかつのまくりだったから、実力的には昨年より成長を実感できたし。ただ、レースを勝ち切るにはもうひとつ足りないなあ。アレだろうな。うん、アレだ。練習しよう。

本日は朝方軽く雨が降っていた。昨日はかみさんが私の慰労で飯とお酒をおごってくれたので、まあ、ムリしなくてもいいかと思い通勤も電車。まだカーボンホイールのままだったし。

昨日のブログに書き忘れたことを幾つか。

NしまのKさんとレース後ちょっと話した。前回の川越で私の次の順位に入られていたので、実力は同じくらいなんだな、と気になっていたのだ。あと、3周目のホームストレート前で急に先頭を引き始め、その後に千切れていったので、その理由を確かめたかったのだ。Kさんいわく「ホームストレートで別クラスの派手な落車を見て、我に返った。これはスプリントは危ない、と思い、せめて直線前までは先頭を引き、そこで集団を見送ってからのんびりゴールした」ということ。うーん、社会人らしい判断ですね。ちなみにKさんは自転車雑誌の表紙を撮影されているカメラマンさん(こう書くと誰だか分かってしまうかな?)またFクラスで闘うときはお互いがんばりましょう、と挨拶して別れた。

試走段階で雨のカーボンホイールのブレーキの利きの悪さに愕然とした。去年も雨で、そのときはブレーキが利かないと怖いから前輪はアルミホイールで出た。今年は経験値が増えているから、カーボンのディープリムの性能をブレーキ性より優先させたのだが、試走でそのことを激しく後悔した。よりによってスペアのホイールも持たずに来るなんて。慢心か? と自分を責めながら、下ハンで思い切りブレーキを引き、自転車を止める練習を幾度も行なう。

ただ、これは結果的に杞憂だった。

皆が声を出し合って走るから、カーブ前には十分すぎるくらい減速する時間があった。カーブも角度はそれほどきつくなく、曲がる途中からはペダルを回しながらでも走れた。その結果、カーボンホイールでもなんら不自由を感じなかった。落車も去年より少なかったと思う。

練習仲間のしんごは一般の部で走り、10位。位置はまあまあだったようだが、スプリントが伸びなかったようだ。まあ、しんごとくにひろはツール・ド・熊野が本番だからそっちでがんばれ!

あと、駐車場入り待ちしていたら、自転車を積んだポルシェがいて、どんなすかした鼻持ちならないブルジョワだと思ったら、しんごとくにひろのチームの監督であり、サイクリングタイムで連載を持つバレンティーノさんだった。バレンティーノさんなら仕方ない。速いし、強いし、稼いでいるから。

24日の距離19.89Km

5月の距離1325.03Km

今月はもう一度土日があるからロング練習ができるだろう。目標だった1500Kmはクリアできそうだ。しかし、月間2000Kmって本当に難しいな。時間を見つけてそれほどまで走れる人を尊敬する。今月の私はGWがあってやっとこの数字なのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レースの記録

TOJ1市民初級者振り返り

TOJ:30分 19.89Km 平均[時速39.5Km/ケイデンス86/心拍178]メディオ15分、ソリオ13分。

勝てなければどんな数値も関係ない。

どうすれば勝てるかは、かなり長い課題です。

でも、練習を続けていけば勝てるんだと思いました。

勝ってから色々言います。

かみさんが「どきどきしながらレースを見ていた」ということを言っていましたが、それが最大級の賛辞なのかも知れません。

初級者クラスであれこれいうのが若干(以上)恥ずかしいですが、位置取りともがき方の問題とも思っています。

とは言うものの、残念ながら勝てる力がなかったということでした。

この練習を続ければ、周りの連中にたいして強くなれるだろう、と思ったのも事実です。

なので、がんばります。

では、おやすみなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自分がもう少し頭と力が足りなくて。

<最終周>

TOJのコースはゴールから逆算していくと160度くらいのコーナー(おそらくゴールから700mくらい)があります。

昨年はここを回った時に一生懸命もがいていました。

で、自分のレースに戻ると。

直角コーナー(ゴールから1Kmくらいなのかな)で、160度コーナーも左曲がりだから、左サイドにいた方がいい

と思っって直角コーナーを(おそらく)8番手で抜けた時点で、左にコースを取りました。

160度くらいのコーナーまではまあまあ順調です。

その後、私のイメージは、ジロの最後の平坦でカベンディッシュがペタッキを降ろしたような(注:トレインのぞく)、前の奴にうまくくっついていきながら上にあがっていくことをイメージして走っていました。

だけど、私の左前は遅い人でした。

う、くそっと思って左から抜かしにかかったら、周回遅れの選手がいました。

とっさに右に行こうと思いましたが、右は人がたくさんいます。当り前ですよね。この時点で多分前から25人くらいのところでした。

どんどん時間が経過します。

悔しかったので、周回遅れの選手の左を通りました。いや、通りたくなかったのです。水たまりだったので。

でも、そっちに行きました。TOJの受付会場(モータ-プール)のすぐそばだったので、私が水たまりに突っ込もうとした瞬間、応援に来ていたらしき歩道の女性が傘をたてて、水しぶきを避けていました。

そこからとにかくスパートをかけました。前に30人はいたように思います。

左側に人はいませんでした。

正確には分かりませんが、10位近くに入りました。

長々書いて、自分が去年よりいい順位か分からないのですが。

まあ最後にダッシュを掛けてそれがべつに入賞につながってないけど、それでもいい感じになっている。だから、この結果をもとに次につなげていきたい、と思います。

心肺的にも、筋力的にも鍛えた効果は自分的にあると思います。

追伸:

レース後の直線で他の参加者が「全然疲れてないけど、レースってこんなもんかい」って言ってるのを聞いた時には軽く傷つきました。

うそつけー。

と謹んで言いたいと思います。

まあ、そんな人は上位にこないですけどね。

結局練習と強度が大事なんだな。あとはアレだと思うけど、勝つまでは言わないぜ。封印!

アレもって練習に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOJ初心者レースゴール前

1周目に(自転車レースを知らない)かみさんにアピールした後は、もう、人の後を付いていくことにした。足を回復させれば、さいごにまた勝機が巡ってくるだろうと思っていたので。

そもそも、20Kmくらいのレースでボトルはいらないや、と思っていたけど、まさにそうだった。水が飲みたければ前の自転車の後ろに入れば跳ね上げた水が測ったように口に入ります(笑)。冗談はさておき、度入りのサングラスはメガネこみなので、レンズが汚れないように、人の後ろに付きながらも、しぶきがこないよう工夫しながらのライディング(うまくはいかなかったけど)。

そして、集団はカーブでは「カーブ!」とか「減速~!」とか言うけど、直線になると我先に前に行こうとしてダンシングし、斜行しつつ前に進んでいくのでした(たぶん過去の私もそうでした 汗)。うーん、危ない。でも、見ている限りではみなマナー良く走っていました。

2周目は自分の中で回復周回だったので普通に進んでいきました(上位を狙っていた人には1,2周目とも別に違いはなかったんだと思います)。

そして3周目。

バックストレートを走っているブルーキャップ(初心者クラス・私たち)のちょうど真向かい、ホームストレートで上級者たちの大落車を目撃する。はでな前転。+α。15人くらいは巻き込まれていただろう。同じクラスの人と「今の見ましたー?」とかいいながら陸橋下の右カーブへ。

そこから少し動きが出る。陸橋カーブを越えて急にNしまのKさんが前を引き出す。この時点で元気のいい私は前を走っている1分前スタートの高年齢クラス(?)の人に「左に寄ってください」と大きな声でアピール。

でも、展開のあやに関係のないところでなんで急に引き始めたのかが不明だった。「なんでこのタイミングで前引くの?」と思いながらとりあえず付いて行った。

この時点では前から10人内外。

いよいよ左に曲がって、ゴールと同じ道に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOJ初心者レース<続き>

前列から2列目くらいで待機し、スタート時点では最前列。そこまで周りにいた選手のふくらはぎや日焼け具合を見る。自分より強いとは思わないけど、自分より弱いって感じでもなさそうだ。

スタート。雨のレースだからみな慎重に走っている。川越の平坦レースでそれができないのに、なぜ大井で皆落ち着いて走れるのか。謎だが、私の範疇外なのでとにかく落ち着いて走る。

<1周目>

見せ場だと思っていた。今日は朝の苦手なかみさんが見に来てくれている。もう、そのことだけで飛び出すには十分な条件が揃っていた。いわゆる中央競馬のダービーで先行する「テレビ馬」。幸い、1周目で引っ張ろうとする輩は一人としていない。「じゃ、実況で名前呼んでもらいにいくぜ~」と思いながら、後ろから来た人に先頭を譲りたくなくなり、少し加速。そしてゴールライン近くになってかみさんをみようと思ったら、どこにいるのか分からなかった(!) しょうがないので(ロジックの立て方が微妙に間違っているけど)、きっとかみさんがいるだろうという方向に向かって、ロックレーシングジャージと自分の顔を親指で差して、アピールして走り抜けた。無論かみさんはゴール付近にいて、実況で名前を呼んでもらい、なおかつ、周囲の人が「あの人余裕っぽいね」と言っているのを聞いて、かみさんは恥ずかしくなったそうだ(笑)。

その後の直線になっても後ろの人は来てくれない。

「なんだ、レースではあるけど、遊んでなんぼじゃん!」っていいたかったけどもちろん言わない。先頭に立つために頑張った分は、3周目の最後の立ち上がりまで回復に努めることにした。

もちろん、そんな自分の思い込みだけでレースは進むはずもなかった。

次で終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOJ市民初心者・振り返って1

勉強になった。

5:30起床、今日はかみさんも珍しく同行し、観戦に来るというので、レンタカーを借りて、7時に出発。そしたら若干遅かったらしく駐車場で渋滞していて時間を食ってしまった。受付自体が8時くらい。昨年は7時に着いて早すぎたので、ちょっと遅らせたらそんなことに。

で、受付後は何をしていたかというとトイレ待ち。なぜか今日に限って起床後即トイレに行き、それなりに排出があった。なおかつ朝ごはん後も行ったのですっかり安心していた。のだが。雨が降って来て急に腹が冷えたらしく、どうしてもトイレに行きたくなった。午前中に3回も大きい方ってたぶん生涯で初めて。トイレ待ちはかなり長い列だったけど、行っといて本当によかった(下世話な話ですみません)。

トイレから戻り、ジャージに着替え(もちろんROCK RACING)、さらに雨の日用のウォーミングアップオイルを塗る。ナーキの雨用。このWUオイルは、シマノレーシングに供給(&マッサ)してるから効果のあるオイルだとは思っていたけど、今日まで雨のレースがなかったので使ったことはなかった。そして、スタート前に後ろの人たちが「成績どうこうも大事ですけど、寒くて実力が出せないですね」といっているのを聞いて「はっ」と思って後ろを振り向いた。私はサイクルジャージ上下でウォーマー類なし。後ろの人も同じ恰好。ただ、私は寒くなかった。

まあ、私は一応アップもしたから、一概に言えないけど。このオイルはカプサイシンやトウガラシ的に体を暖めはしないが、外の影響で体温が下がるのを防いでくれいているのはわかった。スタート前にそれは十分だった。

9:21レースがスタート。

長くてまとまらないので二回に分けます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨のTOJ市民・初級者レース終了ぅー

昨年同様また10位近辺。レポートは後程

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5/23野球とレース前自転車整備と心拍のこと

草野球@TOJ前日

今日は草野球のリーグ戦。4-2で敗戦。自身の成績は2打席2打数0安打1三振。いいところなし。最初の打席は1-3から外角高めを打ち上げてファーストフライ。ファーストが落としてくれそうな微妙なコースだったが残念ながら捕球される。2打席目はピッチャー(もうすぐ還暦)の「遅球」にまったくタイミングが合わず三振。試合自体は明日がレースと知っている監督がDHに入れてくれたので(?メンバーの都合?)、ベンチでスコア付けながらと楽な試合。球場往復だけ自転車に乗って、あとは家でのんびりしていればよい、と思っていた。結果的にこの計画は狂うことになるが、それはそれでよかった。

危機一髪だった

レース前に久し振りに自転車を洗車し、グリスアップしようと思い、マンションの敷地で自転車をひっくり返し、前輪、そして後輪を外したそのとき、事件は起こった。

なんと後輪とともにリアディレイラーが外れてきたのだ! 「な、なんでだ!?!?」とよく見たところ、リアディレイラーをフレームに固定する金具(通称:エンド)を留めていたねじが外れていたのだ。あ、危ね~。ホイールを止めるクイックで強力にエンド金具ごとフレームに挟みつけていたので、それが幸いし、大事に至らなかった。逆に言うとそのおかげでねじが落ちていても気付かなかった、という事らしい。変速も普通にできていたし。それにしても危なかった。

先日、ホイールを交換したとき、ディレイラーは普通に付いていたから、ここ数日のうちに外れて落ちたのだろう。これでレースに出ていたら、と思うとぞっとする。いや、早めに気付いてよかった。このまま本気で練習して外れたら、とか考えるのもいやだし。

エンドの形は複雑でフレームごとに異なっており、行きつけのショップにだってそんなに在庫はない。事情を話して、陳列品のスペシャルーベのエンドを外してもらい、移植させてもらった。

球場への移動とショップへの移動と合わせて35Km。

23日の距離35Km

5月の距離1305.14Km

起床時心拍:46

ここのところは疲労を抜くため軽めの練習だったのでよい機会だから起床時安静心拍数を測った。といってもおきてからしばらくトイレ行ったりボーっとしているうちに思い付いて測ったので、正確な起床時心拍ではないが、まあ、目安ということで測ったら46拍だった。

2拍下がっている。というか、当初の起床時心拍は脈を測りながら時計を見て出した概算値なので、その信ぴょう性をみたかった、というのが正直なところ。本当の起床時心拍は44or45くらいか。

ちなみに備忘録で書いていた心拍の振り分けをやり直すとこんな感じ。

<心拍ゾーン分け>

最高心拍数:197

安静時心拍数:46

197-46=151(実質心拍活動域、ここを%ごとに区分けし、その後に安静時心拍を足し、より実用的な値にする)

・・・イタリア式心拍トレーニング・・・

ソリオ領域:最大心拍の82~90%

151*0.82+46≒169

151*0.9+46≒181

∴169~181

メディオ領域:最大心拍の80~82%

151*0.82+46≒169-1(ソリオとの重複を避けるため1マイナス)

151*0.8+46≒166

∴166~168(もう少し幅を取って160~168くらい?)

・・・CTS(クリスカーマイケル・トレーニングシステム)に基づくゾーン分け・・・

ZONE1:(60~65%)EASY, RECOVERY(アクティブリカバリー)

151*0.60+46≒137

151*0.65+46≒144

ZONE2:(65~70%)BASE TRAINING(長距離のベース作り)

151*0.65+46≒144+1

151*0.70+46≒151

ZONE3:(70~80%) AEROBIC TRAINING(有酸素運動)

151*0.70+46≒151+1

151*0.80+46≒166

ZONE4:(80~85%) LACTIC THRESHOLD(耐乳酸・乳酸閾値トレーニング)

151*0.80+46≒166+1

151*0.85+46≒173

ZONE5:(86~MAX)maxVO2(最大有酸素・最大酸素摂取量増大トレーニング)

151*0.85+46≒173+1~

・・・改訂結果・・・

上記の双方を勘案したEdge305の心拍ボリュームゾーン分け(ZONE1~5)は以下の通り。

ZONE1:144以下(65%以下)イージー・リカバリー

ZONE2:145~159(65~75%)有酸素・ベーストレーニング

ZONE3:160~168(75~82%) メディオ

ZONE4:169~181(82~90%) ソリオ・耐乳酸

ZONE5:181~197(90%~MAX)限界オーバー・レース以外で基本的には入れない領域

******************

以前より1拍上にスライドした。ちなみに計算してみると小数点以下はいずれも8とかかなり大きい数字で、四捨五入して2拍増やすべきなんだろうとか思ったが、先日のゾーン分けの厳格化でかなり運動強度が上がったので、今さらに2拍増やすとターゲット到達がもっと苦しくなる、と思って躊躇してしまった(笑)。まあ、心拍はあくまで目安だから(とはいえ現実の自分にとってはかなり重要な客観指標だが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流し

移動ライド

今日は終日写真スタジオで撮影のディレクションだった。

が、子猫のマーブルがかわいすぎてしごとそっちのけ。

マーブルが寝ているときだけ仕事する、って感じだった。カメラマンさんいわく、「自宅のそばで車を乗っていたら遭ってしまった。最初は白いビニール袋かと思ったが轢かなくてよかった。近所の住宅街まで連れて行って放そうかとも思ったが、それも迷惑かと思い、結局引き取ってスタジオにつれてきた」とのこと、マーブル、いい人に拾われて本当によかったな! カラスやとんびにさらわれてたら、一巻の終わりだったから。

足取りもおぼつかなく、匂いを嗅いで動き回っていただけだったのが、今日になってやっと目が見え出したらしい。俺の匂いを覚えて、また行ったときにはちゃんと相手をしてくれよ、マーブル。

最初は警戒して毛を逆立ててフーッと威嚇してたが、すぐに慣れて咽喉をごろごろ言わせながら甘えてきた。カワユス。萌え。メロメロ。

久しぶりに和んだ。

今日は通勤と都内スタジオ移動の合計30Km。まったりペースで。

明日も基本は移動ライドのみ。距離は短いが、狙っていたレースだったし、自分のできる限りの準備はした。自分比では調子はよいと思うが、何しろ相手がいることだから、なんともいえない。後はアクシデントなく、実力が発揮できるよう祈るのみ。

22日の距離30Km

5月の距離1273.14Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーブル2

マーブル2
軽く死んだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マーブル

マーブル
かわいくて死にそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都内写真スタジオにて

都内写真スタジオにて
生後まもない子猫マーブル。まだ目があいたばかり。かわいすぐる。仕事そっちのけで激写中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

active recovery

のんびりライド

ホイールをTOJ用にコリマエアロに付け替え、のんびり通勤。乗らない、という選択肢もあると思ったが、何にもしないのも気持ちが悪いので、帰りに皇居に回ってのんびりと3周回。日曜日に向けたアクティブリカバリー。合計で35Km。

ジロ第12ステージ個人TT60Kmはおそらく総合の行方を決める大事なステージ。もちろん観戦中。

電車の中で初めての経験をした

昨日は20日で全国的に自転車雑誌の発売日。客先に出かけ、帰ってくる際の丸ノ内線で隣に座った人がごそごそとカバンから取り出したのはなんと自転車雑誌(ファンライドだった)。その時私はまだ自転車雑誌を買ってなかったので幸いにもカブることはなかったが、電車の移動中で自転車雑誌を読んでいる人は初めて見た! ゴルフ雑誌、車雑誌、ファッション誌、漫画等々はよくみるが、自転車雑誌とは…。やはりブームなんだな。

そのブームの一方でとても気になることがあった。

同じく昨日の尾根幹線で、10人以上の集団で練習していたグループがあった。彼らはバーミャン・ファミリーマートのT字交差点のところで若葉台方面から曲がって尾根幹に合流したのだが、信号ぎりぎりで10人以上が突っ込んできた。それだけでも危なくて若干迷惑な感じもあるが、それでもまあルールの範囲内だと思う。だが、なんと集団からちぎれた奴が赤信号で尾根幹線側の車(5台以上いた)が始動しているにもかかわらず、強引に交差点を曲がってきた(ちぎれた男は3人いて、うち2人はおとなしく信号で待っていた。

その男は相当古い金属製のTREKに乗っており、上にBSアンカージャージを着ていた。こちらは下ってきていたので、その男にたやすく追いついた。危ないから注意しようかとも思ったが、集団練習中にそんなこと言われても聞く耳持たないだろうな、と思ってやめた。

尾根幹線で練習する皆さん、他に迷惑をかける危険な行為は慎みましょう。そうしないと回り回って結局自分たちの首を絞めることになります。路側帯が広く、自転車練習に向いている道路だからこそ、自転車乗りの共有財産と考えて、ルールを守って走りましょう。私は少なくとも尾根幹を昨今の大井埠頭のようにルール無視の輩が跋扈するような場所になってほしくないと強く思います。(5/22追記:もちろん大多数の自転車乗りは良識あり、ルールを遵守して自転車に乗っていることはあえて書いておきます)

21日の距離35Km

5月の距離1243.14Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/20追い込み朝練

#16尾根幹往復練習

4時起き、眠くない。今日は大丈夫だ。足に重さを感じた昨晩、入念にストレッチをしたからだろうか、足のだるさはないように感じた。外を見ると軽くガスっている。ということは風がないということだ。今日は自分の実力をよく知るチャンス(日が昇ってきてからは風が出てしまったが)!

バナナを食べ、さらにS藤監督にもらったイミダペプチドのドリンクを飲み、尾根幹線へ。

尾根幹線往復走#16: 57.25Km 1時間47分 平均[時速31.9Km/心拍157/ケイデンス76]メディオ領域34分 ソリオ35分(ソリオ上1分) 折り返しタイム57分12秒

走り始めると筋肉の奥に疲れというか重さを感じたが、とにかく今日はレース前最後の追い込みだったのでTOJ(平坦コース)でのスピードの上げ下げを意識し、登りはインナーくるくる回しにとどめ、平坦と下りでスピードを乗せる練習にした。ただ、坂の頂上近くの体力的にきつくなる部分では、ライバルがちぎりにかかったと仮定し、負けずについて行くというイメージでダンシングでスピードを上げた。

折り返しタイムで57分というのがベストレコードなら、折り返し時の時速が30Kmを記録したのも初めて。トータル1時間47分、平均時速31.9Km(惜しい!)もマイベスト。追い込みを念頭に置いていたので、きつくても最後まで垂れずにスピード維持に努めた。軒並み最高記録を更新できたことは、レース前最後の練習としては満足できる内容だったと思う(自画自賛! 笑 でも、レース前のイメージトレーニングとしてはこれでよかったように思う)。イミダペプチド効果も多少あったのかもしれない。最近はいろんなサプリメント・ドリンク類を試しているが、その時の体調が反映するからイミダペプチドのおかげという確証は正直、持てないが。とりあえず本番でも試してみようかな。

20日の距離57.25Km

5月の距離1208.14Km

今日の夜はS藤監督のところでお酒を飲むので、通勤は電車。その後は木・金・土とアルコールなしで調整する。これで筋肉はばっちり回復、肝臓の負担もナッシングで行ける。土曜日は野球に出るつもりだから、それがレース前に筋肉へのちょうど良い刺激になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

固定ローラー1時間

外でなくても追い込めたけど…

4時起床、眠い。まあ、昨日も練習→炊事→就寝と遅くなったので、昨日の疲れがあるのはしょうがない。尾根幹線は諦めて二度寝。

6時、再起床。今日は固定ローラーで追い込むことにする。

固定ローラー:10分アップ~4分メディオ・1分ソリオ・5分レスト*5セット~ダウン5分 平均[心拍141/ケイデンス79] (実測ではメディオ領域9分 ソリオ領域9分) 約30Km

今までは心拍計を着けずに体感強度でやっていたが、今日はレース前追い込みを目的とした練習なので、厳密に管理。といっても心拍計だけ見て漕いでいるわけではないから上がりすぎても落とすすべはない。一方でなるべく落ちないようにするが、集中力が切れると、急に仕事のこととか思い出したりして、気付くと155くらいに落ちたりするのが厄介だ。結果、メニュー的にはメディオ20分、ソリオ5分なのに対し、実測ではメディオ・ソリオとも9分だった。メディオ下領域が8分あったから、うまく上がりきらなかった分がここになっているのだろう。

先日、心拍区分けをよりシビアに設定しなおした結果、ターゲット到達は一層厳しくなった。出力を維持しようと漕ぎ続けると顎がガクガク震えてくる。つらい練習だった。しかもローラー台を今日セットしなおしたら、何の加減が変わったのかまた音が出るようになり、かみさんにうるさいよと注意された。うぇーん。でも、今日だけだからと開き直って今日はきっちりと追い込んだ。m(_ _)m>階下の人。

昨日の多摩サイは人大杉ならぬ虫大杉だったが(気をつけないと小さな虫が口に入ってくる! ペッペッ)、ローラーは虫にも信号にも悩まされることなく練習できて確かに効率的だ。でも暑い。今朝は尾根幹線こそいけなかったが、短時間で効率のよい練習だったかな? 苦行の色濃い練習だったけど。

もう足がだるくてたまらないので、今日はMTBでまったり通勤。

問題はそこまで追い込んで出ている出力の程度だ。パワータップほしいけど、入手すると自分のパワーのなさに改めて絶望してしまいそうな予感。

19日の距離30+13=43Km

5月の距離1150.89Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩サイ国立往復走

平坦をくるくる回して

夜の練習で皇居以外を走るのは久しぶり。尾根幹線は明日に取っておくことにして、今日は平坦でくるくる回して行きたい。当初は多摩サイの側道を走ろうと思っていたが、ずっとみていると結構上を歩く人が少ない。なので久しぶりに多摩サイに乗って走る。

多摩サイ国立往復走:55.36Km 1時間53分 平均[時速29.4Km/ケイデンス80/心拍144] メディオ領域26分 ソリオ領域3分

行きは追い風だったのでケイデンス90~100キープで、50*21のギアで回す。帰りは向かい風なので2~3枚重いギアを掛けて踏んでいく。まあ、リカバリー含みでちょうど良い距離、時間かと。

TOJいよいよ本番

今日、日刊スポーツからエントリー資料が来ていた。いやが応でも気合いが入る。

色々とレースの展開を想像する。でも、スプリント勝負で間違いないだろう。最後まで足を溜めて最後のカーブを抜けた直線で一気に勝負をかけたい。明日、明後日は尾根幹で追い込む。これで後はレース前までゆるライドで足を回復させる。それが今週の練習プラン。

18日の距離6.5+55.36=61.86Km

5月の距離1107.89Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/17完全休養

家事&休養の1日

昨日は練習後、寿司磯、さらに近所のバーとはしご酒。しばらくアルコールを控えるとその反動で飲みたくなる。まあ、自分比で追い込めた練習ができたからご褒美でいいか、と思い飲む。といっても家に帰ったのは早く、22時過ぎ。帰宅後、ゆっくりジロを見ていたが、酔っ払っていたので、翌朝になるとレース内容はほとんど覚えていなかった。

今日はゆっくり昼に起きて本を読んだり、録りためた清志郎追悼特番などを見ながらうつらうつら過ごす。雨予報だったので、もともと今日は休養にあてるつもりだった。雨は降らなかったものの、風が恐ろしく強い。昨日ともに練習していた若者たちは大井に行ってエンデュランスマイル走だったようだ。うう、俺も走りに行った方がよかったのかな…と思わないでもない。でも、走らなかった。固定ローラーもなし。今日は家で洗濯、掃除、炊事。今日は手作り餃子。うまくできた。

今日のジロ・デ・イタリアはミラノの周回コース。これは見たい、というわけで現在TV観戦中。こんなヨーロッパの歴史ある都市で自転車周回レースができるなんてすごいな。風が強いのをいいことに、明日は朝ではなく、夜の練習に変更。お酒も飲んでいる。

<自転車の異音について>

昨日の練習中、真吾が音を聞いて、「ヘッドじゃなくてホイールっぽいですね」と指摘。さらにコンビニ休憩中、くにひろがクイックを外し、曲がってる、と言いながらまっすぐになるよう力を入れたら音がやんだ。神の業だった。

<練習メニュー>

やはり他人と競るメニューを入れ込んだ方がよいかもしれない。大井で練習している若者の話を聞いてそうも感じた。集団走行の経験値も少ないし。けして若者に「それだけ走っているのになぜ弱いんですか」と突っ込まれたからではない(なんだか妙にこだわっている俺 笑)。

一人でも追い込んだ練習はそれなりにしていると思うのだが、集団で走って、「あいつに負けたくない」という気持ちが出ると、かなり力が入る、ということは自分の性格からしても容易に想像がつく。先月だったか、道志で追い抜いて行った自転車乗りをロックオンして追いかけた記憶が蘇る。結局バトルには勝利したが、その後の全身に乳酸が回ってだるい、という経験は初めてだった。あれの繰り返しは必ず自分を強くする、という気がする。なので、尾根幹線で上り坂等の全力インターバルを心掛けているのだが、力の近接した競争相手がいれば、もっと自分を追い込めるかもしれない。

チームCTSの若者は距離でなく時間(W数)でメニューをマネジメントしている。強さを養うのは強度であり、インターバルということが徹底されている。「固定ローラーの方が効率がいいですよ」とも言われた。

ただ。距離は自己満足だけど、「練習は裏切らない」ともちょっと違うが、積んできた距離が自分の自信につながる、という思い込みが自分にはある。イチローは打率や得点圏打率みたいな割合の数字は、他者との状況によって幾らでも変わるけど、安打数は自分の中でも積み重ねだから、これを毎年クリアすることが自分にとって重要、といっていたが、その考え方に深く感じ入ったことがあった。たとえるならこれに近い気持だろうか。まあ、イチローのようなすごい人をたとえに出すまでもない。自分の考え方として「ひと月にこれだけ乗ったから」と安心できるということがある。なので月間距離にはこだわるし、できなかった時には「少な!」とブログ上で自分に突っ込むようにしている。

でも、その距離が結局他人と同じでも中身の濃さが違ったら、それはやっぱり相対的な意味が小さくなる。ということは、強い人の倍くらい練習しないとそのレベルには行けないわけだ。そう考えると暗たんたる思いに囚われる。「こんなに練習してもまだ強くなれない上に、強くなるにはもっと強度の高い練習を長いこと続けないといけないのか」でも、そう考え始めたらたぶんアウト。一気に練習が嫌になり、自転車が嫌になり、後はアルコール(笑)。

まあ、強くなるために練習しているし、強くなればもっとハードな練習がこなせるわけだ。焦らず、腐らず、練習を続けていこう。

なんだか最後はいつも同じことを言っている。進歩がないな。どーもすいません。ただ、結局サンデーホビーレーサーに大事なのは焦らず、腐らず、継続した練習なのだと思います。むしろ自分の問題点は大して強くもないくせに、強い他者を相手に勝ちたいなんて夢を見ていることだけで、勝てるほどの練習を積めていないことだと思います。

いま、ジロではレース中の残り6周回でディルーカにインタビューが始まった。こんなの初めて見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道志道山岳練

疲労コンパイラー

9時に私の家集合、4人の山岳練習。メンツはバレンティーノ&パートナーズ改めカーマイケル・トレーニングシステムチーム(!)毒舌しんご、休憩マニアくにひろ、そして彼らの友人でショップスタッフKくち君と私。ちなみに、クリスカーマイケルのチームというのは世界で初なんだそうだ。しかし、ランスのトレーナーのチームだぜ…。すげえな。

昨日は行きつけの明大前の洋風居酒屋バルバルが、シェフのみゆきさんの産休により6月から半年間休業するということで、急きょ飲みに行き、ワインを1本強飲む。

昨日は結構追い込んだうえ、お酒を飲んだので、今日はかなりきつい。登りで全くパワーが出なかった。しかし、TRクラス参戦をめざす現ERの若者たちは容赦ない。道志の登りで先に行ったと思うとしばらくしてから降りて来て、お尻をせっついてくる。「いま200W、まだまだでますよー」などといいながら(笑)。疲労トランスファー、いや、疲労コンパイラーにはきつい練習でした。

道志道デイリー往復走:144.04Km 5時間17分 平均[時速27.2Km/心拍138/ケイデンス67]メディオ領域53分 ソリオ53分(ソリオ上1分) 

いやあ、本当に疲れた。

しかし若者たちは本当に速い! 平地を平均時速40Kmで彼らと共に走っているとなぜだか分からないが、心の底からワクワクしてくる。まあ、登りでも下りでも段々と私は遅れていくのだが(笑)。彼らからしてみれば私みたいに遅いロートルにも気も遣うだろうが、そんなことはおくびにも出さず、それでいながら自分たちの練習もきちんとこなしていた。最後に多摩沿線道路でカーペーサーをしよう、と自分から言っておきながら私は「黄金のタレ(垂れ)」のエバラ状態。帰りのコンビニ休憩でしんごに「結構距離を乗り込んでいるのに、なんで強くならないんですかね」と毒舌を吐かれた。あいたたた。痛いところを突かれてしまった(汗)。ま、こう書くとすごく生意気な奴みたいだけど、ふざけているだけです(いや真剣か? 笑)。

本当にありがとうございました。

これで明日は全休。たまった家事をこなす。後は月・火・水と朝練し、その後は軽めに回す程度にとどめ、24日のTOJ本番に臨もう。

16日の距離144.04Km

5月の距離1046.03Km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尾根幹往復#15

やっと朝練できた!

4時起床。だが、前日もなかなか寝付けなくて、よせばいいのに時計を見たらすでに1時。「あぁ、ジロ見てても一緒だったじゃん…」とついグチが出てしまう。

で、起きてみてやっぱり眠い。もう諦めて二度寝しようかとベッドで伏せっていたが、10分位したら頭が起きてきた。昨日加圧トレーニングした割には脈が遅い。今夜は忙しくなる可能性が高いから、今日は少し遅れても朝練しといた方がいいな、と思い、起きる。

1時まで寝られなかったのに、まさか4時20分に出発できるなんて。奇跡だ。4時起きに徐々に体を慣らしたからだろうか。

いつもの尾根幹線へ。GW中はあちこちにいくのにアプローチで使っていたが、尾根幹往復の朝練自体は1ヶ月以上ご無沙汰だ。もう外は明るいので思い切ってライトをはずす。さらに水道道路は追い風だったが、世田谷通り、多摩沿線道路、鶴川街道と向かい風が続く。

これはラッキーだ。往路のほうが力のいるコースだが、そこが逆風ということは、行きに負荷の高い練習ができる。帰りは流すだけでスピードが上がるだろう。とにかく行きだけがんばればいい練習になる、と自分にいいきかせ、最初から飛ばす(とにかく半分がんばればいいから、と思うと出だしの気分としてはかなり楽。で、折り返し地点ではテンション上げ上げになっているので、もし帰りに風が変わっていても、そのときはまた、楽な復路なのに負荷を上げれられるじゃん、というポジティブシンキングが可能)。

尾根幹線往復走#15: 57.69Km 1時間55分 平均[時速30.1Km/心拍151/ケイデンス74]メディオ領域34分 ソリオ13分(ソリオ上1分) 杜の一番街北TT 1分27秒 ファミマ坂 TT2分ちょうど 折り返しタイム1時間0分36秒

最近の記録と比べてTT、折り返しタイムがだいぶ速い。もちろん、久しぶりの平日朝練習なので割り引く必要は確かにあるのだが…。これはフレッシュでかつ現車より2Kg軽かったBHG4で出したタイムと遜色ないし、昨年の一番練習で脂が乗っていた時期のタイムより若干よい。往路が向かい風基調の記録だから、力が付いてきたのではないだろうか? というかそう思いたい! 勝手にそう思い込んで、先月のレースで思ったような成績が出なくてへこんでいた自分を慰める(笑)。

帰りは基本追い風で速度が上がる。ただ、場所によって往路でもろ向かい風だったところでもなぜか向かい風だったりしてた。多摩沿線道路で15分のメディオをやりたかったが、信号に引っかかって8分ほどしか維持できず。15分2セットのメディオなんて、平日の朝、どこでやればできるのだろうと絶望。それでもカーペーサーやら何やらで速度は上がる。尾根幹線の往復で平均時速30Kmを超えたことってちょっと記憶にない。もしかしたら初めてかも。

あとは通勤往復。

15日の距離57.96+13=70.96Km

5月の距離901.99Km

さあ、明日は若人たちと山岳練、そして日曜は天気が持てば大井埠頭かな? 若者はエンデュランスマイルのメニュー走と言っていたから、ペースは私にとってちょうどよいくらいかだろうか。でも、彼らは「今日はイージー」とかいいながら抜かれたりすると一気に火が着いてバトルが始まるからな。油断はできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在の伊勢丹ショーウィンドウ

現在の伊勢丹ショーウィンドウ
自転車とエコがテーマのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたんだ、HEY, HEY BABY?

起きられない

前日の夜の練習と炊事で食事を終えたら22時20分。やばい。早々に寝るが、4時に起きたらやはり眠くてダメだった。脈も速い。起床時間をずらしてローラー練習とか思ったが、それも起きられず。やばい。こんなとき「どうしたんだ、HEY, HEY BABY!」というフレーズが自然と自分に対して出てくるのは、長年のRCサクセションファンの習い性というものか?

今週は自分史上最高の追い込みウィークデイにしたかったのに、全然追い込めていない。お酒を控えるのだけかろうじて守っている感じ。

自転車通勤、そして夜は加圧トレーニング。今日はレース前最後のジムなので、最初は加圧ベルトを巻かずに、下半身を中心に満遍なく筋肉に刺激を与える。その後、前腿、ハムスト、上腕部に後背筋を鍛える。

今日も加圧後の成長ホルモンで脂肪燃焼を促進すべく、終わってすぐさま皇居へ行きたかった。

が。しかし風が強い! 台風並みの強風が木々を揺らしている。自宅に帰って固定ローラー台。平均心拍140くらいをめどに30分回す。

14日の距離13+15=28Km

5月の距離831.03Km

今日のよしなしごと…体重も体脂肪も目立った変化はないが、実感的には腹回りの脂肪が落ちてきている。今日からベルトの穴を一つきつくしてみたが、お腹はそれほど圧迫を感じない。これで腹囲に意識が行くようになって、数値的にも変化が出るとよいのだが。

昨日のよしなしごと…皇居周回中、千鳥ケ淵交差点の前で、千鳥ケ淵の方から尻尾のふさふさした動物が突然飛び出し、自転車の前を横切っていった。あれはハクビシンに違いない。たぬきにしては尻尾が長かったし、全体に体の色が白っぽかった。驚いてわっと声を上げ、ランナーの注目を集めてしまったのは内緒だ。皇居にタヌキがいるのは今上天皇の論文で知っていたが、ハクビシンもいるんだなあ。そういえばこの間尾根幹でたぬきの轢死体を見たが、多摩丘陵からもだんだんと失われていく自然に、しがみつくように生きてきたタヌキの生涯を思うといたたまれなかった。

さあ、明日こそ朝練できるかな!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

通勤+α

ドロミテゴールに圧倒された

雨で朝練は無理そうだと思い、昨晩はかみさんとともにジロを今季初ライブ(本当は練習できようができまいが、早く寝て早く起きる習慣をつけなくてはいけないのだが…。レースのライブ観戦の誘惑に負けた)。それでもかみさんが沿道を見て「なんでもみの木がピンクになっているの?」なんてことを聞くので「それは総合タイムで最も優秀な選手が着けるジャージがピンクだから」などと話しながら結局最後まで。

第4ステージではやくも山岳ゴール、しかし登り区間は13Kmほどで山頂の高度は1400mあまり、平均勾配6%というからそれほど急ではない。距離と斜度から行くと、桧原村役場あたりから都民の森くらい、というイメージだろうか。

しかし、ハイスピードで上がっていく集団に私もかみさんも興奮。これが奥多摩周遊道路だったら凄い! なんてことを考えた。

5/13、遅寝したので朝練はなし。

早めに仕事を切り上げ、皇居に行って周回走。

皇居6周メディオ走+α:42.62Km 1時間23分 平均[時速30.6Km/ケイデンス77/心拍148](LAP #1 9分40秒 #2 9分3秒 #3 9分16秒 #4 9分33秒 #5 9分9秒 #6 9分57秒)メディオ領域16分24秒 ソリオ領域12分43秒

夕方から練習しているので、車も多い。ここは慎重に走る。だが、なかなかターゲットゾーンにうまく収まらない。信号ストップが1周で2~3回あり、その度に心拍は140くらいに落ちる。なのでタイムは意識せず(うそです意識バリバリしてます。ただ、飛ばせないのでメルクマールにはしないですが)、メディオ域の持続を意識して、回し続ける。メディオが30分くらいあると理想的なのだが、まあ仕方がない。周回中の平均時速は31.5Kmくらい。これも遅いよな…。

13日の距離6.5+42.62=49.12Km

5月の距離803.03Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、雨じゃないか…

結局雨なのか

追記あり:食事メニューの備忘録)

今日は夕方からお客様が来社され、私の自転車収納スペースの前で打合せを始めてしまい、仕事は済んでも早く帰れず。まあ、こんな日もある。

暇な時間を使って伊勢丹に行き、ちょっと高めの豚肉、白エビ、あと野菜類を購入。伊勢丹で晩御飯のおかず(の材料ね、デパ地下惣菜でなく)を買うなんてちょっとした贅沢。今日は久しぶりにエビチリ・肉じゃがをつくり、食す。

エビチリはしょうが、ねぎを大量に、そしてニンニクを少量、これを下地(?)としてサラダ油&ごま油でさっと火を通し、ここにエビをくわえ、火が完全に通り切る前に水+ケチャップ+チリソース+中華用豚がら粉末をほんのちょっと入れてわずかなお塩とともに片栗粉で溶いてじゃっと流しいれる。

肉じゃがは豚の切り落としを一口大にちぎり、火を通し、あくをとる。ジャガイモ、にんじん、玉ねぎも下ゆでし、あくが出ないようにする。中くらいに火の通った素材にあごだしをくわえ、もう少し火の通ったところでしょうゆ、黒砂糖、さらにまろやかさを出したくて蜂蜜を加えた。これはヒット。甘味がとても丸くなる。

ちなみに昨日のおかずはカレイの煮付けとあご・鰹・昆布だしで煮た蕪のおつゆ、そして竹の子入りのキムチでした。晩飯作りは私の楽しい家事領域です。

寝ようと思って先ほどテレビを確認したら明日の3時から6時の天気予報が雨になっている。今も外はぽつぽつと降り出しているようだ。明日もローラー台か…。でも、ローラーならそんなに早起きすることないや。というわけでジロを観戦中。

はやく朝練で尾根幹行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤とローラー

2日分まとめて

5/11は通勤のみ。夜も遅くなったので翌日から久しぶりの朝練ができるように早めに就寝。13Km。

12日は目覚ましで4時に起きるも強烈に眠い。実は昨日、久しぶりに早く寝たので寝付けなくて何度も起きた。蒸し暑かったし。なので、これは織り込み済みでもあった。心拍を計る。脈は遅い。なら単なる寝不足だな、と思い回復するかどうか床に寝転がって5分ほど待つ。が、だめだ。意識が遠のき帰ってこない。

ローラー練に切り替えることとし、かみさんの起床時間に目覚ましを合わせて二度寝。

6時起床。まだ眠いが、もう寝なくても平気そう。着替えてバナナを食べてドリンク作ってローラーをセット。

ローラー台1時間:5分アップ~2分メディオ・1分レスト・2分メディオ・5分レスト*2セット、4分メディオ・1分ソリオ・5分レスト*3セット~5分ダウン 約1時間 30km

始めのうちはまだ頭が起きてなくて、もがきタイムに入っても2分ほど経つといつのまにか漕ぐのをやめてしまっている。なので1分レストが入ってしまった。30分すぎてからは頭もしゃきっとしてきたので本格的に追い込む。暑くなってきたので窓を開けて漕ぐが、汗だくだ。

とにかく目覚ましを4時にセットし、練習に行っても行かなくてもいいから起きる。これが大事。習慣化することで、だんだん体が慣れてくるから。

その後は通勤。もし、帰りに時間があれば皇居2周くらいの寄り道はするかも。

11・12日の距離13+30+13=56Km

5月の距離753.91Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗鞍合否判明

どうしよう。

さっき、去年も一緒に行った某ショップスタッフSげちゃんが「通っていれば支払い画面にいけるはずだから試してみたらどうですか?」というので試してみたら、乗鞍出場、当選していたようですんなり支払い画面にいけた。

嬉しい。が、よくチェックしているブログなどを見ると、何年も出ているが今年は落ちた、なんて人もいるようでちょっと複雑。

でも、本当の気持ちはというと。

この間ブログで「乗鞍出られるなら1ヶ月くらい禁酒してもいい。2Kgくらい痩せよう」なんて書いてしまったからな。それに縛られている。

ここのところのハードな乗り込み(注:自分比です)にも関わらず、体重も体脂肪も61Kg/15~16%を行ったり来たり。お腹の余分な脂肪は取れてきているという実感はあるんだけどなあ…。ここから痩せるのはとてもハードだし、ストイックさも必要だ。あまりガラじゃないなあ。でも、そうしないと多分1時間20分切りは達成できないな。

うーん、言ってしまった手前やるしかないか。でもやるとなると憂鬱。ぶつぶつぶつ…。

とまれ、今年も桜木荘にて九州大学サイクリング部の皆さんにお世話になる予定。去年は楽しかった。今年もよろしくお願いします。

ちなみに9月王滝も無事出場が決定。遠征費用が大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎大師往復回復走

心おきなく飲み過ぎた…

昨晩は都合6人で恵比寿の焼鳥専門店に行き、日本酒~焼鳥。さらにタクシーで下高井戸に戻って二軒目でワインを3本。いやあ、よく飲んだ。

さすがにこうなると強度の高い練習ができない。昼過ぎにのそのそと起きてきて、平坦をくるくる回して回復走に努める。約2時間、時速は26Kmくらい。

10日の距離49.86Km

5月の距離697.91Km

今日も飲む予定なんだよね…。明日の朝練はなし、21時からはジロ見ちゃお。どうせ来週からOHウィーク(お酒・控えめウィーク)だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/9風張再び・そして都民の森TT

追い風効果だろう

7時半起床、8時ちょい過ぎに出発。

自転車にまたがると体がだるい。これはきっと連日飲んでしまったお酒のせいだ。多摩サイ沿いにゆっくり遡上し、睦橋通りから先週同様五日市へ向かう。今日は甲武トンネルとの分岐まではなるべく流しで走り、そこからはメディオ領域に収まるくらいで(実際は厳しいが)何とかやり過ごして、九頭竜橋からTT、そして都民の森で帰ってくる、というプランにした。五日市駅前まで1時間41分。おっ、先週は平坦をメディオで飛ばしていたのだが、そこから3分遅れとは優秀なタイム! でも、今日の午前中は南成分の風があったのでその追い風効果だろう。九頭竜橋までは前回3時間ジャストだったが、今回は3時間を切っていた。都民の森で3時間4分。これは恐らく最短記録更新。

都民の森往復:144.08Km 5時間39分 平均[時速25.5Km/心拍138/ケイデンス65]

ZONE1: 約3時間 ZONE2:約1時間27分 ZONE3(メディオ領域):約27分 ZONE4(ソリオ領域):約32分 ZONE5(ソリオ以上):約3分

九頭竜橋~都民の森TT15分47秒

先週は平坦でメディオ、登りでソリオ、という意識で走っていた。速度域も行きはかなり速かった。ちなみに、先週の結果を比較してみたかったので、上と合うよう書きなおしてみた。

5/2都民の森・風張峠往復:150.32Km 6時間7分 平均[時速24.6Km/心拍144/ケイデンス72]

ZONE1: 約2時間19分 ZONE2:約2時間4分 ZONE3(メディオ領域):約34分 ZONE4(ソリオ領域):約52分 ZONE5(ソリオ以上):約6分

九頭竜橋~都民の森TT17分23秒

2日の方が長い時間頑張りすぎているので、明らかに後半のパフォーマンスが落ちている。しかも九頭竜橋までのタイムで見ると今回の方がよい。TTも同様だ。やはり練習強度をどのように設定するか、何を目的に練習するかでパフォーマンスが変わってくるということがよく分かった。先週は若者たちと一緒にグループライドしていると仮定して、強度の高い練習にしたが、実際、毎週あの強度では練習できていない。今日のタイムが良かったのは、先週の刺激を受け、回復して強くなっているのだとしたら嬉しいが、真相は恐らく違うだろう。まあ、うまく力を溜められたのと、追い風効果かな。ちなみに昨年までのメルクマールだった料金所~都民の森TTも計っておいたが、これは12分ジャスト。こちらもなかなかの結果。

頂上で大学のK先輩に会う。大学時代の私は自転車と縁がなかったが、サークルの先輩であったKさんが自転車好きでだったことを、昨年の神宮クリテの会場で知った(先輩は来日していたベルナールイノーを見に来ていた)。それから乗鞍山頂で、JCRC川越で、そして都民の森で会っている。もはや奇遇です、とは言えない頻度だ。

予想通り帰りは斜め向かい風。今日はそれほど体力を消耗してないので、下ハン持って風をやり過ごしながら何とかパワーを出しながら帰る。

今日もいい練習になった。これで心おきなくご近所さんのO夫婦、S夫婦と焼鳥を食いに行ける(笑)。

9日の距離144.08Km

5月の距離648.05Km

明日はTOJに向けた平坦練習(高強度・短距離)の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/8ローラー

7日は雨で電車通勤。さすがにGW明けは仕事がそれなりにある。翌日も雨だというからこの日はローラーもなしで夜は野球監督のお店BarDAWNへ。ちょうどメンバーのNっちゃん、\6Kもきていて飲む。

明けて今日も雨で電車通勤。家に帰ってから30分だけローラー。明日、また距離を乗ろうと思っているので、どうも今日は気が乗らない。今週末からまた距離と強度を上げていけばよいだろう。明日は天気がよく気温も上がるようだ。ライドが楽しみだなあ。そして土曜日はまたまたご近所さんたちと恵比寿に焼き鳥を食べに行く予定。こちらも楽しみ。ビールもうまそうだあ!

来週は5/24のTOJ前で一番強度を上げて追い込む週にする。酒量も落とそう。それで朝練を続けてみよう。

8日の距離15Km

5月の距離503.97Km

予報によれば来週は水曜ごろに雨が降りそう。9日からジロ・デ・イタリアも始まるな。どうしようかな、まだ結論は出ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWほかを振り返って

ヘッドパーツに異変?

以前、ダンシングするとキシキシ異音が発生していたのだが、ここにきていよいよ大きくなってきた。最初はBBから音が出ているのかと思っていたが、どうやらヘッドパーツ周りらしい。グリスアップしたが、だめだった。近日中にショップに持ち込もう。

5・24TOJに向けて

本来なら平坦でのスピード練習を主体にするべきなのだろうか。だが、これまでと同じ練習をしていた方がよいような気がする。平坦のスピードが少しくらい上がったからと言って勝てるかどうかは分からないが、地力を上げていけばかなりの確率で勝てるチャンスが増えるのでは、という気がするから。とりあえずこれまで通りで、同じ練習でも負荷を高めにしよう。

清志郎のこと

清志郎が亡くなったことは思ったよりもショックだったような、そうでないような、複雑な気持ちだった。最近の歌はちょっと違うなあ、あまりおれの心に響かないなあ、とか思っていたのは大きい。だが、かみさんと知り合ったきっかけも私が始めた清志郎のコピーバンドだったし、いろんな意味で大きな影響を受けたのは確か。そしてTVをみていて、清志郎の棺を運ぶチャボの横顔があまりに寂しそうでぐっときた。リンコさんとか、G2WOとか、昔のRCメンバーって葬儀に来ていたのだろうか? そのあたりも非常に気になるところではある。

最近はYouTubeという便利なものがあるので、昔の映像を見ては楽しんでいます。

しかし、TVのニュース(あれがニュースなのか?)番組でコメンテーターが清志郎さんはテレビで放送禁止用語を連発してラジオ局をバカにするような、反骨心あふれる人でした、とかいってるのを聞くのは本当に違和感を覚える。今日は帰って復活祭のDVDを見直したいと思います、なんてこと言ってた人もいた。「いやいや、お前がまさにそうやってバカにされる側の人間なんだと思うけど」とつい言いたくなってしまうが、テレビに出てコメントをしゃべる仕事というのはそれくらいずうずうしくやってちょうどいいのだろう。

ようつべ見ている方がよっぽどましだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW終了~!

メディオ領域わずか1分…

5日だけは自転車に乗れた。

自宅~館林平坦走:2時間25分 73.64Km 平均[時速30.03Km/ケイデンス76/心拍137]

一番アップダウンがあったのは環八、っていうくらいに平坦だった。17号線、バイパスともにまっ平らだったが、心拍はぜんぜん上がらず。2時間以上走って僅かにメディオゾーンが1分、ソリオ0分というのはいかがなものか…。走り出しからしてお尻や脚が重かった。追い込めていたような気がしていたのは気のせいだったんだな。逆にいえば体調が良ければもっと速い速度で走れたということか。風は時々追い風のほぼ横風だった。

5.6日の距離73.64Km

5月の距離488.97Km

よーし、順調に距離を伸ばせた! 自転車始めてからのGWとしては最も距離を乗れたんじゃないかな。練習の質も高かったので満足だ。6日の帰りだけ輪講で誤算だったけど、まあ、いいだろう。今月は絶対1500Km以上を達成したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ今輪講中。

ただ今輪講中。
帰りは思った以上に雨がひどいのでやむなく輪講。ゴミ袋輪講は人生初。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なついてくれた

なついてくれた
喉をぐるぐる言わせてカワユス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹の子

竹の子
掘ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

館林到着

館林到着
2時間以上町中を走ってアベレージ30Km超ならまあまあかな。73Km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/4山中湖往復

何とか走り切った!

8時過ぎ起床、9時過ぎ出発。でも、脚がだるい。まあ、毎日それなりに乗りこんでいるからしょうがない。距離を短くしようか、と弱気が胸の内をよぎる。今日はなるべくリカバリーゾーンで乗るようにして、最後の山伏峠だけは頑張るが、後はなるべく楽に行けばいいから、と自分に言い聞かせてスタート。

道志・山中湖往復走: 177.80Km 7時間11分 平均[時速24.7Km/心拍137/ケイデンス68]ZONE1:4h04min ZONE2:1h58min ZONE3(メディオ):34min ZONE4(ソリオ):17min ZONE5:0

平均時速が遅いのはしょうがない。尾根幹線の終点到着は1時間7分くらい。津久井湖近辺は道が混んでいるのでそんなにスピードが出ない。その後の道志道も今日は車が大勢いる。淡々と登る。それでも何人かは抜かせた。山伏峠への登りではソリオ領域で頑張る。

本当なら山中湖を一周してこようと思ったのだが、山中湖周辺も渋滞してて走りづらい。諦めて湖面だけ見て帰ってくる。富士山は見えなかった。今日は山中湖まで約4時間、帰りで約3時間、といったところだった。長距離はこれでおしまい。ちなみに今日の獲得高度は2400mだった。後は明日からのお泊りの自転車だけだ。それでも片道80Kmだが。

4日の距離177.80Km

5月の距離415.33Km

GW≒ネズミ捕り週間

今年は桧原街道で、世田谷通りで、道志道でスピード違反の取り締まりを展開していた。幹線道路の白バイも多い。ネズミの装置の前を通るときは必ずスピードガンの前で絶対ダンシングして出しえる限りスピードを出して通り過ぎることにしている。婦警さんだと笑ってくれることもあるが、男で交通機動隊風のお巡りさんはまず無視する。つまらんやつらだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/3平坦スピードインターバル

川崎大師往復走

昨日の疲れがなるべく抜けるよう、昼過ぎに出発。平坦で高強度・短距離なら自分の中では定番の多摩沿線道路を使った川崎大師往復走。信号ストップで心拍が下がった後から、段々上げていき、余裕があればさらにソリオ域まで追い込むスピードインターバル走で。しかし連休中のせいか車が少なくて走りやすかったのは良かったものの、横風の影響が強く、タイムは下がりがち。

川崎大師往復走:スピードインターバル 1時間34分 48.85Km(実走距離57.21Km) 平均[時速31.0Km/心拍154/ケイデンス82] メディオ領域24分49秒 ソリオ領域8分18秒

休憩たっぷりの時の往復走と比べると、心拍の上りが低い。私は1559拍からがメディオなのだが、1548拍から1拍上げるのが大変(5/4修正)。2分くらいのソリオも4回くらいしかできなかった。

でも、前日に追い込んだことを考えればまあまあ。

明日は今GWで最長のロング山岳練の予定だが、心拍領域はあまり意識せず、長ーく走りたい。とか言いながら、いいペースのライダーがいるとつい張り合ってペースが上がるんだろうな。まあ、それはそれでいいけど。

3日の距離57.21Km

5月の距離237.53Km

ここまでの乗り込みは順調。だが、5/5.6の天気が微妙になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼・忌野清志郎

いだいなロックの神様。その曲とメッセージに圧倒された。

まっすぐに入り込むかのような詞と、シンプルなメロディにすぐに僕を虜にした。

わすれても忘れても思い出す。さびしげな君の笑顔。好きな子にふられ、このフレーズを聴きながら涙を流していた。

のんで騒いで、ギターをかき鳴らしていた二十歳の頃。コードの押さえ方から下くちびるのちょび髭まで、まるでウィルスに感染したかのようにひたすら真似し続けていた。

きみが僕を知っている。そんなことがあるんだ、そんなことが歌になるんだと知って感動した十代の頃。まさに人格形成期において俺の人生は清志郎と共にあった。

よの中は君が宣言した通りに悪くなっていく。おーい、もう君にも止められないのか?

しんでしまっても平気さ。なぜなら君が残してくれたものはずっと僕の心の中に生き続けているから。

ロックの王様、そして神様。いつもあなたのことを思って。

うたっています。ほんとです。

さようなら。イマーノキヨシロー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/2風張峠往復

行きはメディオ+ソリオで帰りは…

7時過ぎ起床、8時出発。多摩サイ側道を使いながら今日も五日市経由で都民の森・風張峠へ。夕方からスポンサーがらみで格闘技イベントの招待席券をもらった。いかないとまずいので奥多摩側の登り返しは諦める。

都民の森・風張峠往復:150.32Km 6時間7分 平均[時速24.6Km/心拍144/ケイデンス72]メディオ領域33分・ソリオ領域52分(ソリオ以上5分)九頭竜橋~都民の森TT17分23秒

とにかく(多摩サイ以外の)平坦ではメディオ領域の維持を心掛け、信号待ちで落ちたら軽いギアを回してすぐにメディオまで上げる。さらに登りに入ってはソリオ維持で。今日は武蔵五日市の駅到着が1時間38分、九頭竜橋到着が3時間1分と、過去の記録を大幅に更新。

最近は九頭竜橋からのTTがトレンドらしいのでやってみた。が、そこまでメディオとソリオで追い込んでいるので、タイムは上がらず。最後の方はとてもラストスパートするなぞする余裕がなかった。風張の駐車場まで上がってあとは下る。

ところが、日が昇るにつれ風が出てきており、下りの最中からばっちり向かい風。ずーっと苦しめられた。もう脚は売り切れている。頑張ってみたのだが、時速25Kmくらいでメディオくらいの厳しいゾーンに入ってしまう。あとは騙しだまし走る。最後に平均時速は24.6Kmまで落ちた。まあ、これはしょうがない。 最近、心拍のゾーン分けをシビアにし直したら、ターゲットへの到達がより難しくなったと感じる。行きと登りは限界まで追い込めたから、帰りは流しでもいい。結果として平均時速は下がってていも、十分に追い込めたライディングになった。

今日は心拍計が調子よかった。明日はリカバリーのために遅目スタート短距離にしよう。

2日の距離150.32Km

5月の距離180.32Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/1 ローラー練+振り返り

今日で今年の3分の1が終わっているのか…。

会社で空腹をこらえながら仕事をしてたら、急に胃が痛くなった。食事をしてもときどき思い出したように痛い。昨日の加圧の疲労を抜くのと明日からの練習強度を確保するため、今日は軽めの固定ローラー。1時間やりたかったのだが、30分たってまたちょっと痛かったのでこれでストップ。通勤と合計で30Km。

4月で1年の3分の1が終わった。改めてここまでの練習を検証し、今後に繋げたい(本当は3月までの第1クオーターでやりたかったのだが、事故ったのでできなかった)。

1月の距離 BYCICLE 0262.04Km  RUN 172.11Km
2月の距離 BYCICLE 1470.08Km
3月の距離 BYCICLE 1171.27Km
4月の距離 BYCICLE 1062.15Km

合計 BYCICLE 3966.54Km RUN 172.11Km

3.4月が少ない! やはり通勤事故が痛かったな。リスタートに少し時間を要したが、先日の群馬CSCで千切れた悔しさと、草津で去年の自分に勝てなかったことで、吹っ切れた、と思う。

メニューはどうだろうか。2月はメディオ・ソリオ領域のトレーニングを定期的に入れながらリカバリーでも距離を乗った。3月も同様だが、2月に比べローラーの活用回数が少なかった。4月後半からは距離に加えてインターバル要素を取り入れ始めた。また、2月からは加圧トレーニングを週に1度から2週に1度に減らし、自転車練習の比重を高めている。

インターバルを増やす

やはりインターバル練習が今後の成績向上に向けたポイントになる、という気がする。パワー&スピードインターバルの繰り返し。パワーは尾根幹線のクライミングリピートで向上できるだろう。スピードは多摩沿線道路等の平坦区間だ。それと固定ローラーによる追い込みも効果的。

コースは今のままでよいだろう。距離は週に一度くらいなら尾根幹+連光寺等の周辺坂を回る日があってもよいかも。ただ、やりすぎて会社で疲れてしまっては困るから、ここは慎重に。

あとはアルコールか…? 週に3回と宣言したが、最近4回飲むことも多い。初心に返って目標レース前と後でメリハリをつけるなど、無理のない範囲で努力したい。

今後の目標とGW自転車プラン

次の目標レースは5/24・TOJ市民レース。平坦のスピード上げ下げ練習の頻度を増やしたい。といっても、長い目で見てベースとなる力は必要だから、GWは山岳ロングを混ぜながら、2日を五日市・奥多摩周遊往復で150Kmくらい、3日を高強度・短距離の平地練約60Km、4日を道志・山中湖周回の180Km、さらに5/5.6はかみさんの友達(館林)のところに夫婦でお呼ばれされたので、私は自転車で行く。ここで平坦のダッシュ・スピード練習を入れよう。往復で160Kmくらいかな? 全部こなせたら5月の距離はウハウハだな(って意味不明)。6.7月のレースは未定。あまり暑くならないうちに一度エンデューロに出たいが、ちょうどよいレースがあるだろうか? チャレンジ鈴鹿とかいいかな? 暑いか…。

あとは、出場できたら乗鞍が目標だ。1h20min切りが目標タイム。出場できるようなら、現状61.5Kg近辺の体重を後2~2.5Kg落とそう。1ヵ月位なら禁酒もするかも。乗鞍不出場の場合は60Kgジャストが当面の目標(現状の体脂肪率は15~16%、13%くらいにしたいなあ)。

歳を取るとなかなか脂肪が落ちない…。

1日の距離 BYCICLE 30Km

5月の距離 BYCICLE 30Km

只今ケーブルテレビにてダルビッシュと涌井の緊迫感あふれる投手戦を観戦。森本ひちょりは今レギュラーじゃないのか…。西武のファーストって誰だ? 銀仁朗か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月が終わった。

加圧とLSD

昨晩はかみさんが宅飲みしたいというので付き合ったら1時。朝は起きられなかった。今日は加圧トレーニングの日。なのにジム用シューズを忘れてしまった。慌ててジム入り前に自転車で家に戻ってシューズをピックアップ。急いでいた割には速くなかった。その時の心拍域はたぶんメディオ。ソリオだとその後の練習ができないと思ったのと、単純にそこまで上がらなかったという二つの理由。速度もそれほど速くなかった。

加圧は体幹・前腿・ハムストそして上腕部の鍛練。

終って皇居。加圧トレーニングの後は成長ホルモンも出ているというが、今日の私は「遊離脂肪酸が全部燃えて~」と思いながらLSD。ひたすら1周11分30秒のペースで4周。

29日の距離 BYCICLE 53.42Km

4月の距離 BYCICLE 1062.15Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »