« 4/22朝練復活 | トップページ | 4/24リカバリー »

今日はパワー系のインターバルで

尾根幹往復走#13

なんとか3:50起床。今日はバナナを1本食べて昨日と同じ尾根幹線へ。

練習にもっとインターバルを取り入れたらどうなるだろう、と思い、行きの水道道路で一度、世田谷通りで一度、多摩沿線道路で二度インターバルを行なってみた(サイコンは背中ポケットなので、時間が分からないから目算で200mくらいという距離ベースで実施)。そしたら、一気にだるくなった。

これを続けてたら尾根幹往復ができない、と思い、その後は一旦回復に努めた後、登り坂でアウタートップのSFRでパワーインターバルを行ない、帰りの登りでパワーインターバル、で、最後に平坦で2分・1分・1分くらいのスピードインターバルを行なうことにした。

尾根幹線往復走#13: 58.18Km 2時間3分 平均[時速28.3Km/心拍138/ケイデンス73]メディオ領域5分 ソリオ0分 折り返しタイム1時間3分26秒

いつも尾根幹線ではタイムを意識しているので、登りでは心拍上げあげのスピード上げあげで走っていた。なのでSFRは初めて。とても新鮮な感覚。

ケイデンスの平均が73となっているが、実際のボリュームゾーンはまったく違う。今回は50回転以下のボリュームが圧倒的に多く、特にアウタートップでのSFRは25回転くらいだった。ゆっくり重いギアを踏んで上がっていったので、あまり心拍が上がらないのは分かるのだが、それにしても心拍の殆どがリカバリー域にとどまっていた。メディオがわずか5分という記録に至っては、「マジですか?」と我が目を疑った。まあ、全体に心拍が上がっていないのは疲れもあったとは思うが、本当ならもう少し上がってもいいはず。タイム的には昨日と1分くらいしか変わらなかった。

折り返し後も下りはもちろん、登りもアウタートップ維持で走る。回して踏んで、を繰り返したので、脚が膨らんできたような感覚がある。最後は平坦で1分・1分・2分のインターバル。世田谷通りではギアの縛りなく、なるべくスピードを出して走る。水道道路で最後に200mほどダッシュしておしまい。燃え尽きた。

帰宅後、腹が減っていたのでどか食い。昨晩、かみさんの友人が(リーガロイヤルで修行した彼女の作るお菓子は絶品です。すでにGoogleでは焼き菓子工房kumaで11万5000件もの検索が! うれしいですね! ありがとうございます。かみさんに代わってお礼申し上げます)筍を送ってくれていたので、筍ご飯を作っていた。これとさばの味醂干しといかの塩辛を食べたが、まったく足らない。納豆卵を掻き込み、二度寝。

昨日もそうだったが、朝練をするとやたら腹が減る。本当は体重も減らしたいが、ここで食事制限も始めると、今度は肉体的・精神的に厳しい練習を耐えられなくなり、結果練習ができなくなる、というパターンが怖いので、とりあえずここしばらくは腹が減ったら食うことにした。昼飯はそば、というのだけは守っているが。

先日の草津の宿の食事ボリュームに合わせて胃が広がってしまったという気がしてならない。やっぱり出されたもの全部食べてちゃダメなのかな? 残したくないんだけどな。

二度寝から起床後に心拍を計ったら脈が速い。かなり疲労感があるから心拍ゾーンでなく、肉体的に追い込めたのだろう。今日は時間があるので夜も練習、なんて思っていたが、疲労の残りを考え、通勤の往復のみとして、明日もう一度朝練に出よう。

23日の距離 BYCICLE 58.18+13=71.18Km

4月の距離 BYCICLE 734.31Km

4月は短くてもいい、と思っていたが、せめて先月と同じ距離くらいは乗りたいな。

|

« 4/22朝練復活 | トップページ | 4/24リカバリー »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/29252456

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はパワー系のインターバルで:

« 4/22朝練復活 | トップページ | 4/24リカバリー »