« 帽子みたい | トップページ | 尾根幹往復走#11 »

スプリング ハズ カム

という訳で。

練習再開しました。

本日、外科医に行き、抜糸しようとしたら、「あれ、全部外れちゃってるね。唇はしょっちゅう動かすからよくそういうことになるんだよ」と言われた。

とまれ、事故からちょうど1週間。こんなに自転車に乗らなかったのは初めてじゃないだろうか。休んでいた間、ぼんやりと自転車に乗り続けることの意味を改めて考えていた。

今回のことは周囲や家族に迷惑もかけたし、心配もさせた。もう自転車通勤はやめます、と言えばみんなホッとして丸く収まるのも分かっているし、会社人(社会人ではない)としてはその方が求められているのもよく分かっている。

それでもまだ走るつもりなのか。

それに一度事故ると、外を走るのは改めて怖いことだ、と思ってしまう。その恐怖心に打ち勝ち、また強くなりたい、と練習を続けられるのか。

そもそも強くなってどうするんだ、とか、自分は一体これまでなぜ練習してきたのか、といった「そもそも論」まで戻って改めて考えた。

そうして考えてみて再度認識したのが、「自転車は楽しい」ということだった。

ただ乗っているだけでも十分楽しいが、スポーツとして取組むときの充実感は仕事とはまた違う種類のものだ。確かに疲れるし、くじけそうになる時はある。それでもプリミティブに体に効果が現れると嬉しい。こうした喜びをなくしたくないし、もっと努力してもっと強くなればもっと上のステージの充実感や挫折感が味わえるかもしれない。そう考えるとワクワクする。

そう、ワクワクするのだ。

私の仕事はクリエイティブと呼ばれるような内容なので、(他の仕事をしたことがないので比較はできないが)確かに仕事を通じた困難ややり甲斐、達成感があると思うが、自転車で得られる満足はこれとまったく違う。

最近、村上龍が『無趣味のすすめ』という本を出し、その中で「真の充足感は仕事の中にしかない」と言っていたが、エリート意識むき出しのこの考えは、勘違いもはなはだしい、と思う。

日本には「仕事=自己実現」と考える向きが大勢いるが、そんなの、世界を見回せばごく少数で、特にヨーロッパやアメリカでは仕事以上に家族との時間やプライベートを大事にする。仕事は身すぎ、世すぎの手段に過ぎないのだ。私もある部分ではそう思っている。ハルマゲドンなぞこないことは21世紀初頭に分かってしまった。テレビゲームのような都合のよいリセットボタンはない。もはや「終わらない日常をまったり生きる」しかないのだ(c宮台真司)。

仕事にしても、たとえば、完成度を高める、と言ういいわけの下で、自分の細部にわたったちいさなこだわりに文字通り拘泥するあまり、クライアントの要求に応えられない仕事をやってのけるのは愚の骨頂だと思う。お客さんが満足してくれ、それに対し対価を払うから仕事なのだ。私の自己満足では決してない。村上龍の意見にはこうした視点が抜け落ちている、と感じる。

だから村上龍が「仕事の中にこそ真の充実感がある」と言ってのけるときには、「そういえるのは一部の限られたエリートだけなのだ」という選民意識がありそう(まさか本人がそのことに無自覚ってことはないと思うが)で気に入らないのだ。そして、彼の分類に従うと私は仕事で充足感を見出せない下等な民のように思わされるのがよけい腹立たしい。

村上龍は好きな作家の一人だが、その考え方に対しては強く異を唱える。「それはお前の独りよがりのマスターベーションだ」だと言いたい。村上氏がどう思おうと、世の中には仕事と趣味を両立させて充実した人生を生きている人が大勢いるのだ。

もっとも村上龍はもう体力が落ちててスポーツなんかできないんだろうな。それはある意味でかわいそうなことでもある。

と、私ごときがこんなところでこんなことを書いたところでどうなるわけでもないのだが。

話がそれたが、これまで通り、練習に力を入れて行こうと思う。これからも十分に注意していくので、明日からまた自転車通勤を再開します、と上司に伝え、大げさに言えば自らの退路を断った。

二度目はないだろう。土日や練習中ならともかく、通勤中の事故をもう一度やったらアウトだ。それくらいの覚悟で走らねばいけない。

今日はローラーで軽く流し。とにかく以前乗っていた自転車に必要な装備を取り付けて、明日の朝練に備える。

大体、レースで結果を出さずにこのままやめられるか。

|

« 帽子みたい | トップページ | 尾根幹往復走#11 »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/28929654

この記事へのトラックバック一覧です: スプリング ハズ カム:

« 帽子みたい | トップページ | 尾根幹往復走#11 »