« あまり追い込めなかった | トップページ | 体の傷なら癒せるけれど… »

3/26通勤途中で

朝、甲州街道をいつもと同じように会社へ向った。

環七を通り過ぎ、ゆるい下りに入ってスピードが上がる。

大型トラックが路上駐車していたので、右によける。

元の車線に戻りがてら、バス停が近いので迫ってくるバスがいないか、後ろから被さってくる車も含めて、ちらっと後方確認。

そして目を前に転じたら。

そこにはすでに車がいた。

側道から出てきて甲州街道に合流しようとしていた車だった。

気付いたときには遅く、その車の側面に衝突。自転車は時速30Kmは出ていただろう。

ただ、ただショック。もちろん私が自分のスピードを意識した上で前方確認を怠っていなければ防げていたミスです。相手にも申し訳ありません。

正面から突っ込んだので唇を歯で切ってしまい、結果的にそこを6針縫いましたが、あとはどこも大きな怪我はありません。ヘルメットのおかげで頭も無事ですし、膝等もすりむいただけです。同僚いわく「じゃ、マウスピースしていればほぼ無傷だったかもしれませんね」 なるほど。そうかもしれません。

自転車は・・・残念ながら応力がヘッドチューブの一箇所にかかってしまったようで、ヘッドチューブが大破。もう使い物にはならないでしょう。まあ、自転車がすべてショックを吸収してくれて、かわりに壊れてくれたのだと思います。新車なので残念ではありますが、もっとひどい事態もありえたのだと思うとここは素直に事実を受け入れるよりしょうがないと考えています。

問題は保険。先方の車のキズは、私の自転車の保険で治すとして、問題は自分の自転車のほう。こちらはいまだどうなるか未知数です。

とにかく、ここを見てくださる方には、私が通勤中、事故を起こしたけど無事にいることをご報告申し上げます。ご心配なきよう、申し上げておきます。

唇以外はぴんぴんしているので、旧車にペダルを付け替えてすぐにでもトレーニングを再開しようかと思いましたが、かみさんが心配していることもあるし、負けず嫌いもよいのですが、そこまで意地になって練習をするのでなく、せめて抜糸が終わるまでは自転車・野球ともスポーツは自粛しようと考えています。まあ、あと3~4日の辛抱だろうと考えていますが。

|

« あまり追い込めなかった | トップページ | 体の傷なら癒せるけれど… »

自転車」カテゴリの記事

コメント

大事に到らなくてなによりです。
ケガ、自転車共に復活したらまた峠攻めに行きましょう!

投稿: shingo | 2009年3月28日 (土) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/28828617

この記事へのトラックバック一覧です: 3/26通勤途中で:

« あまり追い込めなかった | トップページ | 体の傷なら癒せるけれど… »