« いい感じラン | トップページ | 2週間ぶりにロードバイク »

やっとラン練も本格化の兆し

通勤に少し距離を足して走る

朝、朝食を食べながら光文社新書の『できそこないの男たち』(福島伸一著)をつい手にとってしまい、面白く読んでて遅れそうになる。『生物と無生物の間』(講談社現代新書)など、生命学分野では屈指の面白い書き手なのだが、長いプロローグが面白くて、どうにも止められなくて困った(注:研究分野にまったく関係のない話なのですが、そこがかえって読ませるのです)。こんなことばかりしてるから時間がなくなって仕事先に直行せざるを得なくなっている。

名残惜しくも出勤。自宅から会社へまっすぐ走る。ただ、足痛も癒えてきたので、土曜日よりも距離が短い分、もう少しペースを上げて走ることにする。今日は心拍計を着けずに走ったが(大体通勤ランのときには着けない)、息を上げることなく30分前半台で会社に到着した。まあ、月曜の朝の会議があったから早く走れたということもあった?

自転車と違ってランで走る際の注意点は、筋肉の疲れや痛みが、過剰な負荷による危険信号なのか、それとも適正な負荷をかけたゆえの疲労なのか、その見極めだと思う(以前も書いたが)。フォーム云々はこれができるようになってから、の話じゃないかと。ということはパーマネントなランナーはもっと負荷を調整しつつ日常的に長く走っているわけだ。それもすごいね。自転車乗りより裾野が広い分上位入賞とかは大変そうだが、それでも好きで続ける人は多いのだろうな。ただ、最近のマラソンブームはちょっと気持ち悪い。裏を返せばメタボ゙恐怖症なだけだと思うが。

なんにせよ私の場合、2週間かかってやっと体が「走る向けの体」に組み変えられてきたのだと思う。自分なりに自分の体の発する声に耳を澄ませ、危険なサインを察知して、無理せず、しかし集中して走る。これが手探りというのか、自分の体を通して実現できつつある。それが嬉しい。

今日の朝の走りは、たとえて言うなら自転車で平地単独を時速30キロ以上で巡航する際と同等のつらさで普通の練習ランを走れるようになった、という感じ。まあ、正直、やっと、という感じもするのだが。1時間限定の練習だったらもっと速く走れるかもしれない。しかし、出勤前の通勤ランというジャンル(?)だと考えれば、今はこれで十分。次の目標は自転車でいうところの平均時速33~35キロくらいでの巡航と同等のキツさのイメージで、なおかつ心拍は140~150以下で収まる、そんなランができるようになれば、ランの記録がもっと更新できると思う(と平地40キロ巡航できない人間が夢を見る)。

夜、会社を出る。時間もまぁあるし、負荷をかけてもまだいけそうなので、今日は思い切って遠回りしてみた。会社を出て新宿御苑に行き、そこから反時計回りに明治通り~千駄ヶ谷~国立競技場~北上してサンミュージック角~新宿南口と御苑1周を入れてみる。今日ばかりはGPSを持ってこなかったことが悔やまれる。大体タイムと体感でく4.5Kmくらいの遠回りだと思う。それから帰宅ランに入る。

15日の距離 RUN 6.6+4.5+7.2=18.3Km
12月の距離 RUN 143.46Km BICYCLE 13.2Km

晩飯は冬の鰻

日曜日夜にNHKで中国産鰻の現状の売れなさを紹介する特集を見てしまい、完全に口が鰻になってしまったので、晩飯はスーパーの鰻(笑)。しかも中国産で二串(笑)。それでも598円とえらく安かった。無人島に鰻と寿司と餃子があれば一生過ごせると思うほど好きだが、最近は鰻を食べることが少なかった。というのも、近所にいい鰻の蒲焼屋(鰻専門の料亭・食堂ではない。ひたすら自分のとこで仕入れて、さばいて、たれをつけて焼いたものをサイズごとに価格付けして売っている、家庭食用の鰻屋さん)があるのだが、人気店でいつも出遅れて買えずに終ってしまう。そこ以外の鰻はなあ、なんて思っていたらすっかりスーパーの鰻を食べない人間になってしまった。それではいかんと久しぶりにスーパー鰻を買って食べる。

中国産でも鰻の身は昔に比べればだいぶ良くなっていると思うし、どんな餌で育てられたかなんて、日本産だって分からないんだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というか、配合飼料(例えば中国産のえさ)の中に何が入っているかを正確に把握している(日本の)養殖屋さんの方が少ない。「日本産なら安全だと考える」その思考方法自体が実は思考停止の危ない考え方だということ。

まあ、でも色々ある。「日本の作物の農薬は比較的安全で、外国産の農作物の農薬が危険」なわけじゃない。たとえば肉骨粉なんて昔は十分認められ、推奨されてきた飼料だから。

一時期あっという間に売り切れて、でも今簡単に買えるようになったバナナだって、船で運ばれる際はどれだけ防虫剤をかけられているのだろう。ちゃんと知らないのだが、まったくゼロじゃないよね。常識で考えて。歩留りを上げるためにも。ダイエットに役はたっても残留農薬はどうなのか。

まあ、今は単純に日本がよくて外国がだめなんてことではすまない状況なのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、この時期に中国産をきちんと名乗る潔さを買いたい。そうやって売っていた会社がだめな会社だったらそれはもうしょうがないじゃんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元々スーパーの日本産鰻がこんなにあるはずない、という客観的な事実は水産省の日本の鰻漁獲高<<<<国産鰻として市場に出回っている数、として水産庁のデータで示されていた。そこで原産国が中国でも加工国が日本なら日本産と言えていたものがもっと詳細に出自を示せ、と農水省の指導が入った途端に、国産偽装鰻が増えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何はともあれ、買って食べた。そして正直言って、付け合わせのたれ、そして山椒がまずくて驚いた。まあ、これは国産も同じだから、しょうがないのだけど。たれは自分で作ってもいいかもね。身もまあまあ、だったが、生きてるうちに中国や台湾から運んで日本で加工した物の方がおいしいだろうな、と感じた。産地に関係なく、一度冷凍した物はやはりおいしくない。まぁ、久々に鰻のことを思い出させてくれたNHKの着眼点に敬意を表して完食。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は加圧トレーニングの日。マンツーマンでトレーニングするのがこんなに楽しいと思わなかった。加圧によって逆に一人練の寂しさが浮かび上がってきたともいえる。まあ、チームに所属していない以上、チーム練習できないのはしょうがない。

それより明日。ポジションを変えても実走してみないと分からないから久しぶりにロードに乗って「加圧トレーニング後の脂肪燃焼時間」で、ロードを使ったAT近辺1時間走にあてようかなと。そっちの方が楽しみ。今まで「いい方に、いい方に」と自分の体感をもとにポジションを変えてきたが、今回初めて「前輪への荷重を抜くことでパワーをロスせず走る」ことを主眼に置くことを頭で考え、ポジションチェンジする。サドルとハンドルの高低差を少し(1.5センチ)解消し、後ろ乗りに1センチシフトしている。当然、サドルも下げた。一遍にやりすぎかもしれないが(いや、やりすぎなんだけど)、これで頭(≒重心)は後ろに来ると思う。ここからまた色々に調整したい。

|

« いい感じラン | トップページ | 2週間ぶりにロードバイク »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/26213523

この記事へのトラックバック一覧です: やっとラン練も本格化の兆し:

« いい感じラン | トップページ | 2週間ぶりにロードバイク »