« 12/19早朝ラン再び | トップページ | 12/21怒濤の連続飲み »

高級ロードの販売不振~自転車とランのポジション・フォーム

今日は三題噺だな。

行きつけのショップで聞いた話

不景気のせいで高級ロードバイクがさっぱり売れていないらしい。一方で、もう何年も不振が続いているといわれるMTBは高いフレームやホイール、サスペンションが地道に・堅実に売れているらしい。スタッフいわく「MTB乗りのほうが物欲を抑えようとしない傾向にある」と。ローディの物欲が低いってことはないと思うが、先行きの不透明感から価格帯の高い商品購入を抑える傾向は間違いなく出ている。一方で「未だにMTBに乗る輩は、ある程度どこのパーツをどう変えて、という風に維持費を織り込んで乗っているから、そもそもパッと来て高いロードのフレームを買っていくような人とは人種が違うんだよね」と言っていた。分かる気がしないでもない。ニワカなロードブームは不景気で吹っ飛んだ、と言うところか。

ただ、為替差益を利用して海外通販で色々買い込んでいる人は多いからね。かくいう自分もその一人といえなくもない…、いや、ないな(買いたいジャージが海外にしか売ってなかっただけだ)。某巨大掲示板をよく見ていると、いま一番スレッド消費が速いのは海外通販スレッドだ。物欲の出し方が賢くなってきたと言うべきか。

とにかく、スタッフいわく「働きだしてから10年目だが、ここまで売れない12月は初めて」とのことだった。

私としてはこれから健康志向のロードより通勤節約志向のクロスバイクが売れ筋の主流になると思う。少なくとも09はそういう流れだろう。

その場にいた他店のスタッフはよく「すみません、1万円のクロスバイクないですか?」と聞かれるそうだ。ない、と答えると「じゃ、2万円は?」「最低でも3万円からです」というやりとりをしょっちゅうしているといっていた。

ポジション変更

先日、ハンドルとの落差をなくしたくて下げてみたサドルだったが、乗ってみたら足が余って気持ち悪かったので、速攻で元に戻した。サドルの後退幅とハンドル高のスペーサー変更はイキママで。そうだ、サドルの高さがすべてのポジションのベースになるのだ。こればっかりは退化してはいけない、と強く思った。

ランニングフォームを少し変えようかな

具体的にいうと足の裏の使い方。いつもはすり足に近い足の運びをしている。高橋Qちゃんもそうだと言っていたし、なるたけロスを少なく走ろうと考えていたので、素人はこれが一番理想かな、と思って長らくこれで走ってきた。しかし、今は力強く走ったほうが(たとえ体力の消耗が大きくても)結果的に速く走れるのではないか、と考えている。基礎体力が昨年より上がっている今としては、踵を浮かし気味に足裏の前部分で蹴り上げることを意識し、速く走ってみようかな。今朝も少しだけ試してみたが、感触はよいものの、これを長く続けられるか分からない。下半身は力強く大きなストライドでわしわしと、それでいて上体はほぼ一定の高さを保ち、ぶれない。これができたら凄そうだ。

ただ、怪我や疲労の状態をよく見極めたうえで取組まないといけないけどね。

|

« 12/19早朝ラン再び | トップページ | 12/21怒濤の連続飲み »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/26318071

この記事へのトラックバック一覧です: 高級ロードの販売不振~自転車とランのポジション・フォーム:

« 12/19早朝ラン再び | トップページ | 12/21怒濤の連続飲み »