« 8月の走行距離 | トップページ | リベンジに燃える »

乗鞍を振り返って

レース前日

7時起床。8時にSげちゃんがレンタカーで迎えに来てくれる。大雨で、開催されるのか、半信半疑の状態。途中一度運転を交代し、松本着。

この間の富士登山で本格的にぼろぼろになったかっぱを実は私、捨てていた・・・。

大慌てで松本でアウトドアショップを探し、石井スポーツでゴアテックスのレインウエアをゲット! お蕎麦屋さんで鴨南蛮を食べ、雨の中宿まで車を走らせ、会場に行ってエントリー。

出展ブースで雨の日用のアップオイルを購入。購入時点では翌日の雨を疑わなかったので、よい買い物をした~とか思ってたけど、よく考えたら私は普段、雨の日に外で乗る習慣がない。これは本当に今後、役に立つのか? レースで使えるか。

さらに、レッグウォーマーとアームウォーマーをゲット。さらに宿でSgeちゃんにバーテープを巻きなおしてもらったり、タイヤ交換を手伝ってもらったりして時間をつぶす。

九州大学サイクリング部が4t(かな?)の大型レンタルトラックとマイクロバスで到着!

40人近い参加者と自転車の輸送は大迫力でした。

食事前に天気予報をチェックして、風呂、食事、宴会。なぜか宴会ではホモネタで盛り上がってた。2丁目好きの私としてはおあつらえ向きだったが、あまり過激な話をして引かれても困るので、一番ソフトなネタ(埼京線で男の痴漢に合った話)をしたが受けたので嬉しかった。

22時過ぎに就寝。

レース当日

5時起床。外を見てるとうっすら朝日が見える。やった、晴れた!

速攻で歯を磨き、一人で朝食をいただき、トイレに行ってサイクルジャージに着替えてアップ開始。サイクルジャージはもちろんロックレーシング。ちなみにアメリカから通販で取り寄せただけあって、ほかにこのジャージを着ている人はいませんでした! まあ、興味のない人は日本で売っていない、ということも知らないのでしょうが・・・(泣)。

とにかくアップ。10分こいで一度心拍を175くらいに上げる。やる気がどんどん沸いてくる。

5分ダウンして今度は180以上に上げようと全力でもがく。時速62.4キロまで出た。

再び5分ダウンで186まで上げた。すでに汗がだらだら出ている。最後に会場まで走っていってアップ終了。

開会式を終え、アップのやりすぎか、ちょっとお腹が減ってきた。会場で無謀にもおにぎり二個を買い、食らう。これがパワーに変わるのは実は半日ぐらい過ぎてからなのだが。腹が減っては戦ができない、って言うことで。

このときSげちゃんに合い、なんと膝が痛いのでDNSするとのこと。ここまできたのに、かわいそうだ・・・。

戻って車列に並んでいると、軽い便意を覚える。急遽トイレに行ったら全然列が進まない。上っている途中で痛くなったらどうしよう、と思うが、時間はどんどん過ぎ、時計を持っている人に時間を聞くとスタート10分前くらいになってしまっていて、あせる。「やべ、間に合わね」の一言を残し順番待ち戦線離脱。他の並んでいる人には受けていた。

前から11列目くらいだったろうか。スタートストップ自動計時形式でないと知ったのはスタートラインを通過してからだったが、前に並んでも迷惑なだけなのでしょうがない。

後はひたすら登る。走り方はすでに書いたとおり。展開的には前を走るメタボ体型(なのに速かった。ただし当社比)の人をはじめ仮想ライバル2-3人と抜いたり抜かれたりを繰り返す。1時間以内のヒルクライムなら最後にスパートを仕掛けられるくらいの力で走っていた。位ヶ原山荘直前までは急な登りが続く、と聞いていたので我慢して耐えて登っていたが、山荘を過ぎてもそれほど斜度的に楽になった気がしない。酸欠と疲労の両方にやられていたようだ。

終盤、残り4Kmの表示が出たが、まだゴールは随分先のほうに見える「嘘だろ・・・?」と思いながら漕ぎ続けた。平均速度がかなり遅くなっている。このときのスピードは時速7か8キロだったと思う。ここでかなりの人に抜かれるが、自分が抜かせたのは僅か。いっぱいいっぱいなのであまり記憶がないが、ジャイアントのマウンテンバイクで力強く走っていた人が華麗に抜かしていったのには心からすごい、と思った。

1時間29分台でなんとかゴールしたい、と思っていたが、もうラストスパートを仕掛ける力が残っていない。ああ、55秒、56秒・・・58、59、そしてタイムは無常にも30分台に突入する。

ラストスパートを仕掛ける力は残っていないが、それでも渾身の力で漕ぎ続ける。きつい。酸欠で吐きそうだった。正直、自分の弱さには負けなかったと思う。ゴールラインまで持っている力はすべて出し切った。

頂上で神宮クリテにベルナールイノーを見に来ていた大学の先輩、Kさんに会った! なんたる偶然! 先輩もよく俺を見つけたねーと驚いていた。そんなKさんは21分台。全然だめだよ、遅い遅いと謙遜していた。

くだりはブレーキ引きっぱなしで腕が疲れた。

DNSで宿でたっぷり寝てたSげちゃんが運転し、16時には家に着いた。そのまま買い物に行き、カレーを作ってビールとワインを飲む。研修旅行に行ってたかみさんが帰ってきて、二人で飲む。

はあ、またがんばって来年にはいい結果を残すぞ。

|

« 8月の走行距離 | トップページ | リベンジに燃える »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/23412144

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍を振り返って:

« 8月の走行距離 | トップページ | リベンジに燃える »