« 夏休み1日目 | トップページ | 夏休み2日目 »

もっとおちついて

もっとおちついて
作詩:忌野清志郎 作曲:林小和生・肝沢幅一

出かける途中のバスの中で
あの娘は手紙を書いている
バスを降りて近くのポストに
あの娘は手紙を放り込むのさ
*そんな手紙がいつも来る

もっとおちついて
もっとおちついて ぼくを愛して

ボーイ・フレンドのバイクに乗って
あの娘は手紙を出しに行く
バイクを止めて近くのポストに
あの娘は手紙を放り込むのさ
*繰り返し

家出をはかった夜明けの街で
あの娘はぼくを想ってる
悲しくなって 泣きながら
あの娘は電話をかけてくるのさ

そんな電話がいつも鳴る

もっとおちついて
もっとおちついて
ぼくを愛して

夜の散歩をしないかね
作詩:忌野清志郎 作曲:林小和生・肝沢幅一

窓に君の影が
映るのが見えたから
ぼくは名前呼んで
いつもの唄を吹く

きれいな月だよ
でておいでよ

今夜も二人であるかないか

窓を開けて君の
ためらうような声が
ぼくの名前呼んで
何かささやいている

きれいな月だよ
でておいでよ

今夜も二人であるかないか

今夜も二人であるかないか

|

« 夏休み1日目 | トップページ | 夏休み2日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/22843002

この記事へのトラックバック一覧です: もっとおちついて:

« 夏休み1日目 | トップページ | 夏休み2日目 »