« いいよ、今日は許す! | トップページ | 週末峠練 »

7/4自分に追い込み

ふらふらでした。

朝は朝練時間にピンポイントで降雨。
スポット予報で知っていたので、最初から朝練キャンセルのつもりで、昨晩から飲んでいた私。「ああ、やっぱりね」と朝練キャンセル。
ボーナスが出た日は足取り軽く・・・と行きたいところだが、実はここ数日の乗り疲れがある。20号を走っていると立派な入道雲が夕日に照らされて輝いているのが、北の方に見える。疲れていたけど、こんな景色が見られるのは自転車のよいところだよな、と思い、自分を慰める。
会社を出て多摩サイへ。いつもの国立往復。うーん、やはりそれほど回せないなあ。

あの立派な入道雲、実はくせ者だった。
多摩サイを走っているとどんどん入道雲が大きく見えてくる。しかも暗くなってくると入道雲の中でびっかびか稲光が光っているのが見える。そのきれいさに携帯をかまえて写真を撮ろうとする自転車乗りもいたほどだった。大体5秒に一回は稲光が光っており、一度は地面に落ちるのが見えた。
「えーっ河原にいたら感電死しちゃうよ」と思ってみていたのだが、よく考えると光っているだけで音は全然聞こえない。
こりゃ実のところは遠いのか、と思い練習。何とか雨に降られませんように、と祈りながら。

行きは稲光に気を取られてペースが落ちてしまった。ここで自分を追い込もう、と考え、時速30Km以下になるとアラームが鳴るようにアラート機能を設定し、復路を走ったのだが、これが効いた!!
はじめは良いのだが、だんだん辛くなってくる。最後の5Kmはなぜか向かい風になっており、つらくて涙が出そうというか吐きそうだった。

メディオペースのよい練習になった。

4日の合計BICYCLE 6.5+62.28=68.78Km

7月の合計 RUN 0Km BICYCLE 290.94Km

パトカーが来てた
最近、多摩川流域で浮浪者襲撃事件が発生している。今日、四谷橋そばの土手にお巡りさんお自転車が止まっており、河原を見るとお巡りさんと人が一人いるのが見えた。直後、何台かのパトカーが駆けつけ、土手そばの一般道が軽く通行止めになる騒ぎがあった。
最近の事件には関心があったから少し見ていこうかと思ったが、やじ馬は迷惑かとおもい、やめた。
あそこの場所にもブルーシートキャンプが確かあったはず。まさか襲われたのだろうか。
だとしたら本当にいたたまれない。社会的弱者を襲ってうっぷんを晴らすような人間がいることもむかつくが、あの人たちがそんな行為の末に犠牲になってしまうことに言葉で言い尽くせないやるせなさを感じる。
あの騒ぎは襲われたのではなく、犯人逮捕だったり、目撃情報だったり、そんなものであった、ということを切に願う。

(以下、独り言)
社会に適応できるかできないかの差は、実は自分が思っているほど大きなものでもなく、そして、適応できずに一度生活水準が落ちると、復活の機会がなかなかないのも事実だ。日本に限ったことでなく、先進国は多かれ少なかれそういう傾向にある。ヨーロッパだと階級社会が足かせになるし、アジアでも中国辺りだと政治権力に近しい人から順番にいい思いをしていく。アメリカだって移民や有色人種(というか夕食なだけじゃなくて親の収入が低いことによる、結果的に住むことになるスラム=被差別地域も含めてだけど)は白色人種と比べ、あきらかにデメリットがある。
そして、浮浪者を襲うということ自体、犯人が普段の生活を面白くなく思っていて、弱者に標的が向かっていることだろうと思う。
それを弱者とか関係なく無差別に、おおっぴらにやろうと考えると秋葉原の通り魔になるわけだ。多摩川の場合は浮浪者を狙い撃ちしている分、計算高さを感じる。

もちろん、追い込まれているからといって社会的弱者を襲ってよいわけがない。そんなことでは社会は回らない。でも、人を襲うことでしか自分の安静が保てない、という人なのだろうな。犯人は(まあ、知らないんだけどね)。
何だか悲しくなる。

(これも独り言だが、こうした通り魔事件を「現代の闇」的に捉えるのは間違っている、と思う。なぜなら戦後から通り魔殺人や浮浪者を襲う事件はいくらでもあった・・・7/7リンクを追加しました・・・本当に信じられないくらい沢山あったのだ。今と同じくらいのペースで。昔からそういう変な人は一定数いるのだ。マスコミのその場限りの論説にだまされてはいけないと思う。ただ、それとは別に派遣労働者差別は絶対に是正されるべきだと思うけど)

何しろ、多摩川原橋の下に住んでいる人らをはじめ、あの人たちが襲われて死ぬよなことはなってほしくない。
彼らとは一度もしゃべったことはありませんが、多摩川で暮らすあの人たちがそれなりに(あくまでそれなりに)安定して暮らして欲しいな、と思います。

|

« いいよ、今日は許す! | トップページ | 週末峠練 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/22076874

この記事へのトラックバック一覧です: 7/4自分に追い込み:

« いいよ、今日は許す! | トップページ | 週末峠練 »