« 4/8ローラー台 | トップページ | よしなしごと① »

4/9来週の大会に向けて集中練習

ピーキング~テーパリング

週半ばで高強度の練習を取り入れ、大会1週間前の土日にハードに自転車に乗り、以降はテーパリング(漸減)、さらに休息を入れる。これにより超回復効果で前より強くなり、なおかつフレッシュな気分でレースに臨もう、という狙いがある。ロードバイクトレーニング書でも、400mハードルの為末大選手のトレーニング法でも同様の記述があり、入手はしていないが、ランス・アームストロングも7週間でピークに持っていく練習法として超回復を上手に取り入れていたと記憶している。

私ごときがそれを真似しない手はないので、その理論に則って今週~来週の練習を行なう。

というわけで本日は朝練多摩サイと通勤、さらに夜練多摩サイ。96.48Km。

なんだ、びみゃーに100Kmに足りない。合計距離をちゃんと計算して走っておけばよかった。

今日の合計 BICYCLE 96.48Km

4月合計:RUN 13Km BICYCLE 334.87Km

朝の練習ではとにかく回転を意識して下ハンドルでゴリゴリ回す。スピードに乗せながらなるべく一定のペースで高め維持を意識して。久しぶりの朝練だったが、5時を過ぎると結構明るい。途中でライトも消せるくらいに明るくなった。多摩川原橋の下を通ったら、大きな水溜りがあり、これをさけようとダートを走るが、結局避け切れなくて進水。ここは雨の翌日によく大きな水溜りができている。橋の下にはホームレスが住んでいる。あの人(たち?)生活が不便になるな、でも、雨が降ると水がたまる不便な場所だからこそ、競争なく住めるのかな?なんてどうでもよいことが頭をよぎる。ダートを走ったら結構な騒音がしたので、あの人たちを起こしたかも。

行きも帰りも横風だが、どちらかといえば行きが向かい風、帰りが追い風。是政橋で折り返し、追い風時にはギアを1枚掛けてさらにパワフルに回す。二子多摩川までの往復。

夜は風の向きが一転。行きが追い風、帰りが向かい風。これは東から風が吹いているということで、要するに「春が来た」ということを示す気象条件。来週から上下半そでで走っても良いかな。

行きも帰りもやはり回転練習。最初漕いでいるときは追い風なのが分かっていなかった。夜だから木の葉の揺れ具合も見えないし、追い風でもスピードが出れば漕ぎ手はそれなりに風を受けるからだが、普通に回しているつもりがふとメーター見ると36Km/hも出ていた。ふつうに回しているだけでは出ないスピードなので、「あぁ、風が出ているんだな」と思った次第。これは帰りは強烈向かい風だな・・・と思っていると案の定。スピードはがたー落ちた。ちなみに1Kmのラップを比べると追い風時の最速が1分44秒。向かい風だと2分20秒前後。わずか1Km走っただけで36秒も違う。1時間あたりの距離なら10Km以上の差が出る。

追い風でも風を感じるように、風よりも早く。向かい風なら切り裂くように、漕ぐ足に力を込めて。

そんなことを考えながら是政橋~二子玉川を往復した。

練習後、かみさんと落ち合って明大前の「まねこ屋」で飲む。今週初のアルコール。そして、今週は飲むとしても後1度だけ。

先週末に二日酔いで練習できなかった自己嫌悪がよい感じに作用して、今週の飲みたいという気持ちが自然と抑えられている。自分で決めて自分ですることだからこそ言い訳はできない。時に先週のように失敗することもあるが、今週末に疲れのピークを持って来れば良いのだから、その意味では先週のうちに失敗しておいて良かった。

同じ過ちは二度としない。レースの後、目標達成のおいしいお酒が飲めるようにがんばる。

|

« 4/8ローラー台 | トップページ | よしなしごと① »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/20101734

この記事へのトラックバック一覧です: 4/9来週の大会に向けて集中練習:

« 4/8ローラー台 | トップページ | よしなしごと① »