« 3/12自転車 | トップページ | パリ~ニースの自転車レース »

ツールド草津に向けて①

目標達成に向けた考察①:装備と意識すべき走り

4/20のツール・ド・草津のコースは高低差約800m、全長約18Km。自分の目標実現について考えてみた。

高低差約800m、全長約18Kmなら、さほどつらいコースではない、と思う(八ヶ岳だと10Kmで800mくらい上っている。18Kmは大雑把に言って甲州街道の新宿~仙川くらいと考えると随分と長い。それでいて高さは陣馬山くらいと考えると分かりやすいか)。ちなみにMyバイクはSPECIALIZED ROUBAIX COMP(ただし06モデル、クランクはなぜか最初からFSAのSL-Kが付いていた)です。

装備

私のバイクは前が50*36のコンパクトクランクなので、スプロケットは12-23のままでよいだろう。低いギアを入れてギアの間が飛ぶのはいやだし、車重がわずかでも重くなるのも嫌だ(保険で一応12-25を持っていくかも。ギアは試走して決定する)。さらにデュラエースのホイール7850-C24-CLをはく予定(まだ納品にならない)。全体重量はだいたい8.2Kgくらい。そして、体重3Kg減で59Kg目標。バイク&ライダースペックはこんなところです。

目標タイム

さて、昨年の草津の一般ロードリザルトを見てみる。トップ選手のタイムは37分ちょい、平均時速が約20Km/h。これが乗鞍一桁入賞者の平均時速なわけですね。平均20キロということは急坂でも20キロ以上維持で、なおかつ通常巡航は25キロくらいじゃないと実現できないはずだから、平坦でゆっくりめに走るのと変わらないペースというわけだ。いわばサイクリングロードあたりの巡航スピードでヒルクライムを走り抜けてらっしゃるんですね。

で、このときのレース完走総数が880人。全体の1/4以上が今回の最低限の目標なので、220位のリザルトを見てみると約51分、15.26Km/hとなっている。

ということは平均時速は16キロ以上、通常巡航速度は20キロくらいないと、1/4には入れないことになる。

51分を最低ラインとして、できればトップから10分遅れの47分(16.58km/h)、ここいらが今の目標のタイムだろうか。47分はじめのタイムなら2桁順位も狙えそうだ。ということは47分から51分の4分くらいの間で120人くらいドドッとなだれ込むわけだ。まさにホビークライマーのボリュームゾーンのちょっと前、というところだろう。

草津のコースがよく分からないので、部分的な傾斜がよく分からないが、これは試走すれば何とかなるだろう。

問題はレースまでの練習方法とピーキング・疲れの抜き方だろうな。これは大会1ヶ月前の時点で改めてまた書く予定。

書いて整理することで、自分の中ですべきことが明確になってきた。

|

« 3/12自転車 | トップページ | パリ~ニースの自転車レース »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/11284402

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド草津に向けて①:

« 3/12自転車 | トップページ | パリ~ニースの自転車レース »