« あきずに練習。 | トップページ | 3/12自転車 »

3/11夜

3/11夜練

昨晩は正直、それほど練習するつもりではなかった。

だが、早く終われたし、飲む予定だったかみさんからも仕事終わりの連絡がなかったので、連絡があればすぐ駆けつけられるよう、皇居にて周回練習。

回す練習だったが、坂では全力を出して踏み込む意識を持つ。毎日新聞の前からの直線部分を上っているうちはまだ息が持つが、高速入り口を示す舗装の色の変わり目あたり、道がカーブしはじめるところくらいまで上るとへろへろになっている。朝も自転車に乗って、その後仕事をしているから、夜になると、集中力を切らさず、最後までパワーを出しきるのが難しい。

そんなこんなで4周した。距離だと約20Km。自宅との往復を含めて35Km。

練習の甲斐あって足が重い。練習後は明大前のバルバルでワインと料理をまったりと夫婦二人で楽しんだ。

今日は夜・多摩サイで回転練の予定。

11日夜の練習 BYCICLE 35 Km

3月合計:RUN 13.09Km BICYCLE 360.72Km

練習の強度と意味

自転車に限らず、スポーツで強くなるには練習しかない。

でも、多くの時間を練習に当てたから強くなるとは限らない。自転車で言うなら練習強度×距離で、成果が出るのだと思う。ホビーレーサーだからこそ量と質が結果に直結する。にわかレーサーだからこそ、強度の高い練習をしないと強くなれない。

残念ながら、現在のホビー一線級の選手がずっと練習して今の地位を築いたのに対し、私はまだ半年そこそこの練習量だから、その差は甘んじて受け入れるよりしょうがない。その上で、最終的な目標であるレースでの年代別入賞を実現するためには、練習強度を徐々に上げ、負荷に耐えうる体を手に入れ、なおかつ厳しいトレーニングを積む必要がある。

そう考えると、土日の距離練のやり方も少し改める必要がある。具体的に言うと、ただ距離を踏むのでなく、随所に回転練とインターバルを入れ込み、ただだらっと乗る時間を減らさねばならない。しかし、それができる場所というとかなり限られてくる。土日の多摩サイは人が多くてインターバルなどは不向きだろう。多摩の尾根幹線かな。でも、ここは道はいいけどサイクリストが多くて逆に走りづらいんだよな。信号も多いし。あとは和田峠へのアプローチに浅川サイクリングロードを使い、回転練とインターバルをこなしつつ、峠で連続TTとかになるだろうか。道志道は行きは上り、帰りは下りとはっきりしすぎてて追い込むのに向かないなぁ。好きなコースなんだけど。

しかし、強くなれると思えばわくわくするが、強くなるまでの練習のしんどさって相当だよな。部活は野球とソフト(高校1年だけ)をやったけど、正直、そこまで強い意識を持って練習したことがない。

指示されたことをやる方が楽だ。つらく、疲れている自分に鞭を打ち、「もう1本」なんて走るのはきつい。なんだか昨日たくさん走ったせいでネガティブというかいじけたような気分になっている(笑)。「ばーろー、オレだってつらいんだよ」って誰かに愚痴りたいような(笑)。

ああ、つらく、苦しく、でも(強くなれると思えば)楽しい練習。

体重のこと

飲んだ次の日は酒の抜けを早めるためにも結構ちゃんと食事を取る(といっても定食屋でご飯ものを食べるだけだけど)。それ以外は基本的にそばを食べるようにしている。

しかし、練習するとおなかが減る! なので最近はそばだけ、というわけでもない。夜に練習するときにはシリアルバーも食べているし。

ちゃんと練習するにはしっかり食べなきゃいけないし、そうかといってそろそろヒルクライムだから体重も減らさないといけないし。日によって体重が2-3Kg違うので調整のさじ加減もなかなか難しいですね。3/20くらいから本腰入れて体重現に取組まないとな。

|

« あきずに練習。 | トップページ | 3/12自転車 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/11213048

この記事へのトラックバック一覧です: 3/11夜:

« あきずに練習。 | トップページ | 3/12自転車 »