« 出張@東名足柄インター | トップページ | 2/25 »

2/23・24の練習

2/23のみ練習、24日は終日出張

8時半頃起きてパンとチーズ・ソーセージをもぐもぐ。新ホイールが来たらロードに乗って距離練と決めていたのでVAAMを水に溶いて準備完了。9時半にいざ出走。

普段は夜か早朝しか乗れないので、太陽の下を走るのは1周間ぶりで気持ちがよい。やはりあたたかな日差しの下を走る乗っていいなと実感(その後、春一番といわれるほど風が強くなり、しかも急に前線が南下してきて気温が下がるなんて想像もできなかった)。しかし、そんなこともすぐに忘れて練習モード。水道道路から多摩サイへ、関戸橋からニュータウン・橋本。さらに津久井湖・三ヶ木から青根・奥道志へ。

三ヶ木からは上り基調で累計獲得高度は大体800M以上(のはず。GPSが信用できないので今回の獲得高度は不明)。道の駅・道志は山中湖の20Kmくらい手前にあり、無理すればいけなくもないかな、という感じだったが、富士山が曇って見えなかったこと、チェーンをつけて下ってきたダンプのことを考えると峠と山中湖は雪が降っている可能性が高い。道の駅でもみぞれっぽい雨が風に流れてやってきていた。家に帰って家事もしたかったので、今日はここまでとする。

なーに。ここまででも上りが多くて地味に疲れた。しかも11時ごろから急に風が強くなって、上り坂+向かい風という最強コンボ。風神様はいつも私に試練をお与えになる。雷神様の試練はまだ受けたことがないのが幸いか。

道の駅で名物のクレソンを練り込んだうどんを食べていると、途中で追い越したドロップハンドル車乗りの40歳前半夫婦(奥さんはディスクブレーキの付いたドロップハンドルだったのでトレックのポートランドか)が休憩に入ってきたので少し話す。

山中湖に出てから御殿場に帰るとのこと。しかも逆方向からきたことはあるが、道志道から山中湖に入るのは初めてなのだそうだ。こちらから上ったときの山伏峠の印象や、この曇り方だと山中湖は雪に注意しないといけないことなどを話す。体は絞れている感じではなかったけど、自転車で回ることに慣れているようだし、「雨よりは雪の方がいいですわ」なんて笑って話すのを聞いてると、「こりゃ雪なぞこの人たちを止める理由にならんわ」と改めて思う。生活道路だから除雪もしっかりしているはずだし、お気を付けてと笑って見送る。ペースはゆっくりなのだが、「確実に一漕ぎずつ進もう」という意思を感じさせる乗り手だったし、追い越したときもそういう乗り方だったな、と思う。

まぁ、私はこんな日にあえて火中の栗は拾わないけど。また落車でもしたら目も当てられないし。

帰りはバビューンと飛ばして橋本から町田街道に入り、小山田から尾根幹線道路に乗ってアップダウンでもう一丁足を追い込もうと思うが、尾根幹入り口の南大沢から淵野辺に抜ける南多摩斎場~戦車道路の出口が分からなくて数キロロスをする。

先週の北野台団地は通学で使っていたところだし、戦車道路はバイトで毎日使っていた道だ。すっかり土地勘がなくなってしまった。もっとも町田街道はすっかり様変わりしていて分からないのも無理のない感じではあったけど。

それにしても午後の風の強さは尋常じゃなかった。尾根幹で横風を受けて車体が振られるから危なくてしょうがない。何しろ山の方から街を見ると街の上がなんとなく黒いのだ。町田~相模原辺りは畑が多いので、その土が舞って黒かったらしい。都心に来ると今度は上空が黄色に変わっていた。多摩川の取水堰前の深み部分が風であんなに波立っているのをはじめて見た。2つ前のエントリーはそのときの写真。ちなみに、下りは追い風ですいすい、上りは向かい風で四苦八苦という状況、私は下りで助かった。

夜はかみさんとS藤夫婦といつもの鮨磯へ。

日曜日は早朝から夜まで静岡に出張。練習はなし。

本日の結果 BICYCLE 158.52Km

2月合計:RUN 7.2Km BICYCLE 1229.01Km

|

« 出張@東名足柄インター | トップページ | 2/25 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530500/10744908

この記事へのトラックバック一覧です: 2/23・24の練習:

« 出張@東名足柄インター | トップページ | 2/25 »